September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「東電値上げ―燃料費下げる努力は?」 東電がそんな事するか | Main | 外部電源が12分間喪失 韓国・釜山の原発 機器のテスト中に »

March 31, 2012

中国が土地取得 軽視された相互主義原則

 「中国が土地取得 軽視された相互主義原則」(産経新聞:3月13日社説)

 産経新聞がやっとこの問題を採り上げてくれた。全国紙の1面に載せるべき大問題なのだが。社説によると、政府・民主党が中国への便宜を図っている。とんでもない売国行為だ。関係者を許してはいけない。

 中国は「昨年7月に完成した北京の日本大使館の新築工事について、中国側が工事の届け出内容を問題にし」ていた。大使館には中国の主権が及ばない。にもかかわらず律儀に中国の許可を得るのがどうかしている。中国が日本大使館の新築工事を許可するかわりに、新潟市の中心部約1万5千平方メートルの民有地を中国に売却することを認めたのである。

 「中国に対する過度な配慮がうかがわれ、禍根を残しかねない」(産経)どころか、間違いなく禍根を残す。中国はこの土地を永久に手放さないはずだ。

 社説を引用する。

 新潟市の中心部約1万5千平方メートルの民有地を中国が総領事館の移転・拡張のため、取得したことが明らかになった。

 中国国内では国以外の土地の所有は認められておらず、日本を含め外国の公館はすべて賃貸で運営されている。日本が中国の公館用に土地取得を認めるのは、外交原則である相互主義に反している。

 取得の経緯にも不明朗な点が多々あり、関係者は説明を尽くす必要がある。

 中国が公館建設用に土地を取得する動きは名古屋市でもあった。新潟市同様、市中心部での広大な公有地取得という共通点があり、地元や国会でたびたび疑念が示されてきた。

 一昨年秋に、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突する事件が起き、これを機に、両市での土地取得話は立ち消えとなった経緯がある。

 一方で昨年7月に完成した北京の日本大使館の新築工事について、中国側が工事の届け出内容を問題にし、建築確認が出ないまま使用できずに苦慮する事態が続いていた。

 その後、中国側は日本に対して在日公館の拡張などに日本側が便宜を図れば、建築確認に配慮すると持ちかけてきたとされている。日本政府の立場を「口上書」にして提出するよう迫り、日本側は応じたという。

 これについては玄葉光一郎外相も国会答弁で認めているが、「口上書」はあくまで条約や国内法令の範囲内で協力すると表明したにすぎないと弁明している。

 しかし、これでは日本の大使館の新築問題を、中国への便宜を図ることで解決したととられても仕方がない。なにより、こうした「口上書」の提出自体が極めて異例だ。

 国家間の外交では、相互主義が原則だ。中国が日本の公館建設用に中国での土地取得を認めないなら、日本国内での土地取得も中国に認めるべきではない。事実、米国では相互主義の立場から中国の公館建設のための土地所有を認めていない。

 外国政府の広大な土地取得は規模や用途次第で、街づくりや景観、治安面など幅広く地域住民の暮らしにも影響が及ぶ。

 今回の問題の背景には、中国に対する過度な配慮がうかがわれ、禍根を残しかねない。

« 「東電値上げ―燃料費下げる努力は?」 東電がそんな事するか | Main | 外部電源が12分間喪失 韓国・釜山の原発 機器のテスト中に »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54352918

Listed below are links to weblogs that reference 中国が土地取得 軽視された相互主義原則:

« 「東電値上げ―燃料費下げる努力は?」 東電がそんな事するか | Main | 外部電源が12分間喪失 韓国・釜山の原発 機器のテスト中に »