September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« の手この手の大阪市職員の隠蔽工作 調査チームとの“暗闘”が明らかに | Main | 国歌の不起立教職員17校20人に 大阪府立学校 »

March 31, 2012

安倍元首相が教育問題でエール「教育基本法に愛国心を培うことが書いてある」

 「安倍元首相が教育問題でエール『教育基本法に愛国心を培うことが書いてある』」(産経新聞:2月26日)

 左翼が教育の「憲法」と呼んでいた教育基本法を改正したのは安倍首相(当時)の大きな功績の1つである。改正前の教育基本法には愛国心のカケラもなく、日本らしさもなかった。改正後の教育基本法では、教育の目標として「豊かな情操と道徳心を培う」とか「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」などが挙げられている。改正前はこのような記述は無く無味乾燥だった。これで少しは教育勅語に近づいたかと思う。結構な事だ。

 また改正前には「教育が不当な支配に服することなく~」という条文があり、これが左翼の教育への介入の口実になっていた。つまり、国家による教育は「不当な支配」にあたるという事だ。日教組による教育の法が余程不当な支配だ。この条文も無事削除された。

 記事を引用する。

 自民党の安倍晋三元首相は26日夜、民間教育団体「日本教育再生機構」が大阪市で開いたシンポジウムに出席し、教育改革に取り組む松井一郎大阪府知事(大阪維新の会幹事長)にエールを送った。支持率が低迷する自民党では中堅・若手を中心に安倍氏の「再登板」を求める声が強まっており、次期衆院選後の政界再編を視野に、自民党と維新の会の連携に向け、秋波と送ったとの見方もある。

(佐々木美恵)

 シンポジウムで安倍氏は、維新の会が制定を目指す大阪府の教育基本条例について「閉塞(へいそく)状況にある教育現場に風穴を開ける大きな意義がある」と持ち上げた。入学式や卒業式で教職員に国歌の起立斉唱を義務づける方針も「教育基本法に愛国心を培うことが書いてあるのだから当然やるべきだ」とエールを送った。

 松井氏も「教育基本条例を制定するのは、安倍政権で教育基本法が改正されたのに、教育の現場に民意が反映されていないからだ」と安倍政権の成果をたたえ、シンポジウムはさながらエール交換の場となった。

 教育基本条例は、首長がによる教育目標の設定や教育委員罷免-などが柱となっており、安倍氏が評価するのもうなずけるが、称賛はこれにとどまらない。

 安倍氏は25日の読売テレビの番組で「国民の多くは橋下徹大阪市長なら閉塞感を突破してくれるんではないかと思っている」と橋下氏も評価。維新の会が策定中の「維新版・船中八策」についても「教育では安倍政権の教育再生と同じことを進めようとしているのではないか」と褒めたたえた。

 背景には、維新の会や、東京都の石原慎太郎都知事の新党構想が現実味を帯びる中、「これらの新党の看板として安倍氏を迎えるべきだ」との声が上がっていることがある。安倍氏に新党参画の意思はなくむしろ自民党再生を志向しているが、念頭には自民党と保守系新党との「保保連立」があるとみられる。「教育」を通じて安倍、松井両氏の連携が強まれば、9月の自民党総裁選の行方を大きく左右する可能性がある。

« の手この手の大阪市職員の隠蔽工作 調査チームとの“暗闘”が明らかに | Main | 国歌の不起立教職員17校20人に 大阪府立学校 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54352294

Listed below are links to weblogs that reference 安倍元首相が教育問題でエール「教育基本法に愛国心を培うことが書いてある」:

« の手この手の大阪市職員の隠蔽工作 調査チームとの“暗闘”が明らかに | Main | 国歌の不起立教職員17校20人に 大阪府立学校 »