September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省 | Main | ユッケ提供、苦肉の策 名前変え「前のと同じ」 »

November 01, 2011

風評被害拡大させる「プロ市民」

 産経新聞のページに、「宮嶋茂樹 風評被害拡大させる『プロ市民』」という記事がある。全くその通りであって、左翼である「プロ市民」と一般市民とは区別がつかない。やらせメールでも電力会社の責任ばかり問うているが、市民の中にいる「プロ市民」については一切言及されていない。明らかに片手落ちだ。

 3・11以後、無条件に「脱原発」を唱えている者には注意が必要だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 大阪では、福島の業者が納めた資材がアブナイからと、橋が架けれんようになっとると聞く。同じ関西の京都の五山送り火では、セシウムがちょこっと出たというだけで、岩手の松が突っ返された。愛知では東日本大震災復興と銘打った花火大会で被災地の福島の業者が作った花火を、放射能まき散らす気か、とネジ込まれ、大輪の花を咲かすことができんかったのである。あまつさえ東京都が岩手のガレキ受け入れるのさえ反対した。

 何でも反対、反核、反戦、平和をお題目とする「プロ市民」のしわざや。プロ市民はすぐ子供をダシにするのが特徴や。漫画家が“ちょっと変わった家”建てたら、気分が悪くなった。近所にサバイバルゲームのフィールドができると、迷彩服見て子供が怖がって外に出られん-。これらと同じ連中である。

 プロ市民は単なる「地域エゴ」を市民運動と呼ぶ。日本にはプロ市民が信奉する憲法があり、表現、言論の自由が確かに認められている。反政府やろうが反原発やろうが、どんな勝手な意見述べるのも自由やがおんどれらのエゴで同じ日本人が風評被害に苦しめられとんのやで。

 しかし、不肖・宮嶋とてプロ市民のこと言えん。3月15日、福島第1原発が水素爆発起こした翌日は南相馬から真っ先に脱出、土砂降りの雨の中、原付きで逃げ回ったのである。

 それでも福島に戻った。緊急時避難準備区域解除になる前にも、南相馬に戻った市民も少なからずいる。そこが生まれ育った故郷だから、そこに家や仕事があり、家族が隣人が友人がいるからである。たとえガレキに埋もれてても、たとえ原発の近くでもである。

 そこに住むなというのか、なぜ同じ日本人として福島の苦しみを共有しようとしない、なぜ東北の悲しみが理解できない、プロ市民は。おのれは安全地帯にいて危機感を煽(あお)るだけ煽る。汚染されとる、アブナイとヒステリー起こし、風評被害拡大させとんのはどいつや!
 ↑ここまで

« 育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省 | Main | ユッケ提供、苦肉の策 名前変え「前のと同じ」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/53138130

Listed below are links to weblogs that reference 風評被害拡大させる「プロ市民」:

« 育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省 | Main | ユッケ提供、苦肉の策 名前変え「前のと同じ」 »