September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 八重山教科書採択 有償は制度を崩壊させる | Main | 風評被害拡大させる「プロ市民」 »

November 01, 2011

育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省

 産経新聞のページに、「育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省」という記事がある。

 中学公民:4万8569冊(占有率4・0%)
 中学歴史:4万7812冊(占有率3・7%)

 占有率はまだ数パーセントだが、それでもかつての扶桑社の「新しい歴史教科書」に比べたら大躍進である。育鵬社の教科書を使った方が「普通の」歴史や公民を習うことになる。他は自虐史観や左翼思想に傾いた教科書ばかりだと思う。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 文部科学省は1日、平成24年度に使用される見込みの教科書冊数を公表した。中学公民では、育鵬社が前回(22年度)の10倍を超す4万8569冊(占有率4・0%)、中学歴史でも6倍以上の4万7812冊(同3・7%)と大幅に伸ばした。自由社はそれぞれ830冊、654冊。中学数学と理科は東京書籍を抜き啓林館が首位になった。採択がまとまっていない沖縄・八重山地区の中学校公民教科書は除いている。
 ↑ここまで

« 八重山教科書採択 有償は制度を崩壊させる | Main | 風評被害拡大させる「プロ市民」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/53138091

Listed below are links to weblogs that reference 育鵬社の教科書前回10倍に 24年度使用見込み 文科省:

« 八重山教科書採択 有償は制度を崩壊させる | Main | 風評被害拡大させる「プロ市民」 »