September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« TPP外交―受け身では道は開けぬ | Main | 一川防衛相、パーティー優先でブータン国王晩餐会に欠席 »

November 17, 2011

「マルチ」山岡氏の衝撃映像 衆院予算委理事が視聴し、ア然…

 産経新聞のページに、「『マルチ』山岡氏の衝撃映像 衆院予算委理事が視聴し、ア然…」という記事がある。「マルチ」に関わる国会議員が圧倒的に多いのが民主党である。山岡だけでなない。民主党に所属している(政権交代前の)元総理もそうだ。

 民主党は「民主」という名前に反する行為を平気で行う政党である。何しろ民主党には綱領がない。政党内で政治に関する合意が全くできていないのだ。政権交代のために集まっただけという事である。

 更に在日外国人であっても民主党員やサポータになることができる。菅が選ばれた党首選では国会議員よりも党員やサポータの投票が当落を左右した。外国人が日本の首相を選んだ可能性がある唯一のケースである。民主党は本質的に売国なのである。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 衆院予算委員会の与野党理事は10日、マルチ商法(連鎖販売取引)業者との関係が取り沙汰される山岡賢次消費者問題担当相が過去にマルチ関連業者の集会でスピーチした“衝撃映像”を国会内で視聴した。

 映像は平成20年6月、千葉・幕張で行われたマルチ関連業者の集会。ゲストで招かれた山岡氏は戦国武将の織田信長らを引き合いに「皆さんが革命家になって日本をつくり直してほしい」などと17分間にわたりマルチ商法を持ち上げた。

 民主党の岡田克也前幹事長はいたたまれなくなったのか、途中退席。自民党の石破茂前政調会長は「マルチ商法を取り締まる立場としてふさわしくない。党内融和のため不適切な人を任命した野田佳彦首相の責任も重大だ」と断じた。

 自民党も党本部で同じ映像を視聴。閣僚の資質を問う声が続出し、今国会で山岡氏に対する問責決議案を参院に提出する方向で検討を始めた。
 ↑ここまで

« TPP外交―受け身では道は開けぬ | Main | 一川防衛相、パーティー優先でブータン国王晩餐会に欠席 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/53267504

Listed below are links to weblogs that reference 「マルチ」山岡氏の衝撃映像 衆院予算委理事が視聴し、ア然…:

« TPP外交―受け身では道は開けぬ | Main | 一川防衛相、パーティー優先でブータン国王晩餐会に欠席 »