September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 慰安婦問題が議論になっているのう | Main | リバタリアン宣言 »

October 19, 2011

フラット化する世界[増補改訂版] (上、下)

Theworldisflat_1
Theworldisflat_2

 トーマス・フリードマン「フラット化する世界[増補改訂版] (上、下)」(日本経済新聞出版社)

 インターネットの普及などにより、世界の国々の距離や時間が減り、「フラット化」しているという。特に中国やインドという大人口の国が貢献しており、世界中で起きている巨大な変化をとらえている。

 以前に読んだ「富の未来」と似た内容だ。どちらも「生産者と消費者」「生産消費者」の出現に言及している。「富の未来」では富が過去から現在、そして未来にどのようになるかを書いているのに対して、「フラット化する世界」は今現在を中心に書いている。だからこそ後者はほんの数年で「増補改訂版」(原書ではVer3)が出るのだ。

 目次は以下の通り。

(上巻)

序 文

第1部 世界はいかにフラット化したか
 第1章 われわれが眠っているあいだに
 第2章 世界をフラット化した10の力
   ベルリンの壁の崩壊と、創造性の新時代
   インターネットの普及と、接続の新時代
   共同作業を可能にした新しいソフトウェア
   アップローディング:コミュニティの力を利用する 他
 第3章 三重の集束
 第4章 大規模な整理

第2部 アメリカとフラット化する世界
 第5章 アメリカと自由貿易――リカードはいまも正しいか?
 第6章 無敵の民――新しいミドルクラスの仕事

(下巻)

 第7章 理想の才能を求めて――教育と競争の問題
 第8章 静かな危機――科学教育にひそむ恥ずかしい秘密
 第9章 これはテストではない

第3部 発展途上国とフラット化する世界
 第10章 メキシコの守護聖人の嘆き

第4部 企業とフラット化する世界
 第11章 企業はどう対処しているか

第5部 あなたとフラット化する世界
 第12章 ローカルのグローバル化
 第13章 フラット化が起こっていない?
 第14章 みんなが耳をふさぐとき

第6部 地政学とフラット化する世界
 第15章 フラットでない世界
 第16章 デルの紛争回避理論

結論 イマジネーション
 第17章 二つの選択肢と人間の未来

« 慰安婦問題が議論になっているのう | Main | リバタリアン宣言 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/53032936

Listed below are links to weblogs that reference フラット化する世界[増補改訂版] (上、下):

« 慰安婦問題が議論になっているのう | Main | リバタリアン宣言 »