September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 菅氏指示の福島原発ヘリ放水 米政府は絶望的気分味わった | Main | 教科書採択 国は県教委の介入を正せ »

September 10, 2011

鉢呂経産相、「死の町」の次に「放射能を移してやる」発言

 産経新聞のページに「鉢呂経産相、撤回し陳謝 8日には『放射能をうつしてやる』 野党は追及の構え」という記事がある。「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない。まさに死の町という形だった」という発言は、たとえ事実そうであったとしても、被災地の避難者の事を考えれば配慮に欠けた発言である。

 鉢呂は、「8日夜、都内の議員宿舎で記者団と懇談中、記者に防災服の袖をすりつけるしぐさをし『放射能をうつしてやる』などと発言した」という。非常識で幼稚な行為・発言だ。経産相としての資質に欠けると言わねばならない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鉢呂吉雄経済産業相は9日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故周辺を8日に視察した感想を「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない。まさに死の町という形だった」と述べた。

 野田佳彦首相は視察先の三重県紀宝町で「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と不快感を表明。鉢呂氏は「思いはみなさんにご理解いただけると思うが、被災地のみなさんに誤解を与える表現だった。真摯(しんし)に反省し、表現を撤回したい。大変申し訳ありませんでした」と陳謝した。

 また、鉢呂氏は視察から帰京した8日夜、都内の議員宿舎で記者団と懇談中、記者に防災服の袖をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」などと発言したことも判明。鉢呂氏は9日夜、発言の真意を問われ「言ったかどうかちょっと定かではない」と語ったが、防災服をすりつけた行為については「(相手に)近づいていったのは事実だ」と認めた。

 藤村修官房長官は9日の記者会見で「死の町」発言について「直ちに閣僚の適格性につながるとは思わない」と述べたが、野党は野田首相の任命責任を含め徹底追及する構え。自民党の大島理森副総裁は「被災者を傷つける言葉で許されない」と批判。みんなの党の渡辺喜美代表は「言語道断。糾弾されるべき発言だ」、共産党の市田忠義書記局長は「悲嘆に暮れている被災者の気持ちがまったく分かっておらず許されない」と非難した。

 鉢呂氏は進退について「コメントできない」とするが、原発を含めエネルギー行政を所管するだけに政府・与党も事態を深刻に受け止めており進退問題に発展する公算が大きい。
 ↑ここまで

« 菅氏指示の福島原発ヘリ放水 米政府は絶望的気分味わった | Main | 教科書採択 国は県教委の介入を正せ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/52692065

Listed below are links to weblogs that reference 鉢呂経産相、「死の町」の次に「放射能を移してやる」発言:

« 菅氏指示の福島原発ヘリ放水 米政府は絶望的気分味わった | Main | 教科書採択 国は県教委の介入を正せ »