September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« “近親憎悪”の共産・社民が「脱原発」で共闘へ | Main | 育鵬社不採択「無効」 »

September 12, 2011

「原発ムラ」が隠す福島原発事故の真実(?)

「ドイツのTV局ZDF「フロンタール21」シリーズが 8/26に放送した番組 」 『youtube』
http://www.youtube.com/watch?v=yk3lIFxxaxo&feature=player_embedded

民主党政府、東電、そしてマスコミは事実を隠蔽しているようだ。

上記の動画の字幕は下記の通り。

 ↓ここから
この美しい風景が悪夢の舞台です。日本屈指の豊かな農地福島県。都会の人の観光地としても人気だ。原発事故でその広域が汚染されてしまったのだ。

大沢さん(61歳)は本宮の農家。原発からは80キロ離れている。畑で採れたジャガイモ・ナス・ネギを、隣町の市民放射能測定所に持ち込んだ。原発事故以来自分で栽培した野菜は食べていない。放射能汚染を恐れたからだ。

『政府の発表はもはや信用できない。最初から事態を小さく見せようとばかりしている。直ちに健康に害がないの繰り返し。正確な数値も出さない。まともな測定もしない。汚染問題の中にみんなを放置した』

事故後大沢さんはすぐ作物の検査を行政に依頼したが、『畑は20・30キロ圏から遠く離れている。検査の必要はない』と断られた。

市民放射能測定所の意見は正反対である。汚染のない作物はない。特にセシウム137がひどいからだ。『こんな汚染数値の場所は本当は絶対避難するべきです』。大沢さんのジャガイモも例外ではなかった。原発から60キロ離れた伊達市のシイタケからは、1キロあたり7000ベクレルの汚染が測定された。基準値は500ベクレルだ。『もはや食べ物ではなくて放射性廃棄物です』

汚染調査は本来、県の食品衛生検査所の管轄だが、ほとんどパンク状態である。コンセプトもない。人手も計測器の数も追いつかない。『一般の方の検査はお断りせざるをえません。我々が選んだサンプルを検査し判断を出しておりますが、それだけで手一杯の状態です。市民の検査も引き受けたら役所の仕事に手が回りません』

我慢強い日本人もだんだん食品の汚染問題に気付きはじめている。野菜、緑茶に続いて牛肉。

原発を所有する東電の反応は?今までと同様、ノーコメント、管轄外の一点張りだ。『私達の仕事は原発の中です。測定は国と地方行政の管轄で、私達はお手伝いするだけ。ですからコメントできません』。大沢さんの農作物検査結果について我々が質問すると、原発担当大臣はうろたえるばかりだった。危機管理担当の役人達は長々と書類をチェックしたあげく、大臣はついに不備を認めた。『万全の監視体制のつもりでしたが、牛肉問題で検査の強化の必要が認められました。今後汚染食品が出回ることを防止しなければなりません』

一方グリーンピースは独自の調査結果を発表。魚も汚染されていた。『魚は相変わらず高濃度のセシウムに汚染されています原発から55キロ離れた所まで調査した魚の半分が、基準の500ベクレル/キロを大きく上回っていました。汚染が広範囲であることを物語っています』

日本人の主食、米も同じ運命のようだ。小沢さんの田んぼの土は二度、検査所に提出された。最初の検査は合格したが二度目の結果は公表されない。『今年も作付けを出来るか知りたかったので、自費で独立の研究所に検査をしてもらった。5万3千ベクレル/キロのセシウム137が検出された。基準値の7倍だ。米作りはあきらめた』

福島市のほとんどの住民はこうした汚染数値を知らされていない。おりしも夏祭り、売られている物は何でも食べる。空中線量が下がって以来、人々は日常生活に戻った。子供の被曝線量が20ミリシーベルト/時に引き上げられたことへの怒りも忘れさられたようだ。

英国クリストファー・バズビーのような専門家は、まさにそのことに警鐘を鳴らす。『日本政府の無責任ぶりは犯罪的だと思う。子供に平気で高い被曝をさせている。都合がいいというだけで短期間でこれほど基準を変えてしまうとは。この判断は間違いなく多くの子供を死に至らせるだろう。文明国のやることとは思えない』

 だがここはまさに原子力ムラの国なのだ。権力を握る電力会社、政治家、官僚が原発のあらゆるスキャンダルを隠蔽し、大したことがないように見せてきた。何兆円ものビジネスを守るために今回も同じ手段を使おうとしている。

大沢さんはまさに文字通りそれを「身」をもって体験した。『自分の体がどれくらい放射能被曝しているか検査したかった。だが福島大学には拒否された。市民の検査はしないと。友人は隣の県の病院に問い合わせた。ところが福島県知事から福島県民の診察を受け入れないように指示されているそうだ』。そのような指示の出された事実はないと当局は言う。しかし大沢さんは農家を捨てなければならない。自宅で毎時90マイクロシーベルトを測定したのだ。9日間でドイツ原発作業員の年間許容量に達する数値だ。原発から80キロも離れた場所なのに。

『これは人間の想像力を越える惨事です。制御不能の状態であることは当初から明らかだった。どうしたらいいのか誰にもわからないし簡単な答えもない。これは人類史上最悪の惨事だと思う』(クリストファー・バズビー)

福島の至る所に人々はひまわりを植えた。土の中の放射能を吸収すると言われている。
 ↑ここまで

« “近親憎悪”の共産・社民が「脱原発」で共闘へ | Main | 育鵬社不採択「無効」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/52714072

Listed below are links to weblogs that reference 「原発ムラ」が隠す福島原発事故の真実(?):

« “近親憎悪”の共産・社民が「脱原発」で共闘へ | Main | 育鵬社不採択「無効」 »