September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ジョン・レノンを聴け! | Main | レインボー リッチー・ブラックモアたちが「虹」に託した大きな夢 »

June 04, 2011

菅首相「続投」 国民愚弄にも限度がある

 産経新聞の6月4日の社説は、「菅首相『続投』 国民愚弄にも限度がある」だ。鳩山元首相との会談で早期退陣を約束したにもかかわらず、任期満了まで首相を続ける積りのようだ。通常の政治はもとより、東日本大震災への対応のまずさも平気のようだ。わしなら即辞任し議員辞職する。朝鮮人からの献金問題はどうなったのか。前原外相はすぐに辞任したぞ(沈みかけた船から逃げたのだろう)。

 社説を引用する。

 ↓ここから
 時期を特定しないまま退陣の意向を表明した菅直人首相が、早期に身を引くことに否定的見解を示し、与党の民主党内で混乱が広がっている。

 首相が2日夜の記者会見で、辞任の「一定のめど」として、福島第1原発事故の収束への工程表で来年1月を期限としている原子炉の冷温停止などに言及したためだ。

 年明けまで政権を維持する意向を示唆したと受け止められ、菅首相に早期辞職を確認したとしている鳩山由紀夫前首相は、「約束を守れないならペテン師だ」と、首相の姿勢を厳しく批判した

 内閣不信任決議案採決という重大局面で、最高指導者と前任者の約束のいいかげんさにもあきれてしまうが、これ以上の居座りを画策する首相の姿勢は国民を愚弄するものだというほかない。

 存在自体が「人災」と呼ばれてきた首相が、さらに「死に体」となった今、未曽有の震災への対応に「めど」をつけることなど困難だ。即刻、退くしかあるまい。

 松本龍防災担当相が「6月いっぱい」と述べるなど、閣内にも早期退陣を求める意見がある。

 3日の参院予算委員会では、自民党の山本一太氏が「首相の2日の代議士会での発言は退陣の意味ではないのか」と迫った。首相は直接答えず、東日本大震災からの復興と原発事故の収束に「一定のめど」がつくまで責任を果たす、という見解を繰り返した。

 原発事故はそもそも、首相の対応のまずさで事態が悪化したとされる。その収束が延命理由に使われていいものか

 自民党も、赤字国債発行に必要な公債特例法案には反対し、菅首相の下での第2次補正予算成立にも応じない方針を打ち出し、一段と態度を硬化させている。

 2次補正については、鳩山氏との間で確認した早期編成さえおぼつかないのが実情である。

 首相が3日の閣議で、通常国会の大幅延長により「事実上の通年国会になる可能性がある」と指摘したのも、次期臨時国会を開会させず、不信任案を再び提出させないようにする布石にみえる。

 首相と鳩山氏との確認事項は、「民主党を壊さない」「自民党政権に逆戻りさせない」をまず明記し、震災復興を後回しにした党の分裂回避を国難克服に優先させたといえる。民主党政権の是非を問うべき理由も、ここにある
 ↑ここまで

« ジョン・レノンを聴け! | Main | レインボー リッチー・ブラックモアたちが「虹」に託した大きな夢 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/51850465

Listed below are links to weblogs that reference 菅首相「続投」 国民愚弄にも限度がある:

« ジョン・レノンを聴け! | Main | レインボー リッチー・ブラックモアたちが「虹」に託した大きな夢 »