September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国軍機尖閣接近 突かれる島嶼防衛の甘さ | Main | 前原外相、外国人から違法献金 »

March 04, 2011

入試投稿犯の逮捕 善悪の判断忘れてないか

 産経新聞の3月4日の社説は、「入試投稿犯の逮捕 善悪の判断忘れてないか」である。機会の平等を妨げる悪事なので、厳しく処分してほしい。

 わしはカンニングを一度もしたことがない。だがしょっちゅうやっている奴もいるのではないか。

 わしが大学生のとき、試験で横に座った奴が試験中に「答案を見せろ」と言ってきた。わしは解答を書き終え、余裕のある状態だったのだが、見せてやらなかった。すると奴は「信じられんー」などとつぶやき続けた。結局奴はその単位が取れずに留年したそうで、内定していた就職先も無しになってしまったという。ざまあ見ろと今でも思っている。

 社説を引用する。

 ↓ここから
 インターネット上で入試問題の回答を募る前代未聞の不正を行ったのは受験生の男子予備校生(19)と分かり、偽計業務妨害の疑いで京都府警に逮捕された。

 最も大切な入試の公正さを損なった結果は悪質、かつ重大で、捜査当局が予備校生を未成年でも逮捕し、厳しい姿勢で臨んでいるのは当然だ。多くの大学でまだ入試は続いており、同様の不正が二度と起こらないよう迅速に対応する義務もある。

 予備校生は「合格したくて1人でやった」と容疑を認めているという。詳しい手口や動機は今後の捜査を待ちたいが、入試問題の投稿では、質問サイト「ヤフー知恵袋」で答えを募り、回答には丁寧にお礼メールまで書いていた。最低限の礼儀はあるようだが、最も大切な「善悪の基本認識」は欠けているというほかない。

 多くの大学で監視態勢を見直すなど甚大な被害がでた。不正行為による合格はもちろん取り消される。偽計業務妨害罪は3年以下の懲役か50万円以下の罰金に処せられる。けっして軽くない犯罪だ。本人は「だれにも見つからないのでは」との軽い気持ちだったろうが、到底、許されない行為だ。

 ネット時代で新手のサイバー犯罪は増えており、警察とサイト運営会社、携帯電話会社などが緊密な連携を取ることができた意義もまた小さくない。事件発覚から1週間を切るスピードで被疑者を確保した点は評価したい。

 全く新たな犯罪手口であり、他にも類例がなかったかどうかの調査も必要だろう。

 事件を機に、大学では試験監督のあり方が課題になっている。あわてて受験生に携帯電話の電源を切るよう求めた大学もある。携帯の持ち込み禁止を含め、従来の対応を抜本的に見直すべきときがきているのではないか。

 大学側が受験生の獲得ばかりに目が行き、肝心の入試体制がおざなりになっていると指摘する声もある。不正の抑止には監督の目を光らせることは当然だが、不正行為を断固として許さない強いメッセージを発し、再発防止に取り組んでほしい。

 高校などを含め、情報機器を使ったカンニング行為が学内の試験でも見逃されてはいなかったか、教育関係者は真剣に取り組むべきだ。不正を許さない日ごろの教育が重要なことはもちろんだ。
 ↑ここまで

« 中国軍機尖閣接近 突かれる島嶼防衛の甘さ | Main | 前原外相、外国人から違法献金 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/51028145

Listed below are links to weblogs that reference 入試投稿犯の逮捕 善悪の判断忘れてないか:

« 中国軍機尖閣接近 突かれる島嶼防衛の甘さ | Main | 前原外相、外国人から違法献金 »