September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 島本町の踏切で人身事故、3万人に影響 大阪 | Main | 「引きこもり」首相、限界 震災後質疑応ぜず »

March 25, 2011

福島原発の北西30キロ、1日の年間被ばく線量超を検出 文科省

 産経新聞のページに、「福島原発の北西30キロ、1日の年間被ばく線量超を検出 文科省」という記事がある。約24時間の積算放射線量を調査したところ、一般人の年間被ばく線量限度1ミリシーベルト(=千マイクロシーベルト)を超える1・4ミリシーベルトを計測したというのだ。これはどう考えても原子炉が破壊されているのではないか。東京電力はもとより、政府・民主党は都合の悪いことは何でも隠してしまうから、信用できない。福島の東半分にはもう人は住めないだろう。

 また放射性物質が日が経つと減少しているというのも考え物だ。安心してはいけない。空気中に浮遊していた放射性物質が地面に落下したから、計測値が下がった可能性がある。チェルノブイリ原発事故の時の報道がそうだった。要注意である。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 文部科学省は25日、東京電力福島第1原発の約30キロ北西の地点で、約24時間の積算放射線量を調査し、一般人の年間被ばく線量限度1ミリシーベルト(=千マイクロシーベルト)を超える1・4ミリシーベルトを計測したと発表した。

 文科省は23日、原発から約25~30キロの福島県内6地点で線量計を設置し測定を開始。このうち1カ所で1・4ミリシーベルトを計測したほか、ほか5カ所でも約21~25時間経過後に0・10~0・86ミリシーベルトを計測した。

 文科省は積算放射線量の調査を続けるとともに、測定地点を増設する方針。
 ↑ここまで

« 島本町の踏切で人身事故、3万人に影響 大阪 | Main | 「引きこもり」首相、限界 震災後質疑応ぜず »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/51212627

Listed below are links to weblogs that reference 福島原発の北西30キロ、1日の年間被ばく線量超を検出 文科省:

» 線量計 価格 [ミニスカ宇宙海賊]
2011年04月01日のつぶやき します。花見は自粛しませんけどね。さ、新年度。 at 04/01 08:25robbinism / ロビン線量計って国産なんだろか?日本中から余ってるのを借りるなり、なんなら急遽輸入するなりできないものなのかねぇ。 --「線量計不足 一部作業先送りも」 http://yj. 福島原発の北西30キロ、1日の年間被ばく線量超を検出 文科省 の積算放射線量を調査し、一般人の年間被ばく線量限度1ミリシーベルト(=千マイクロシーベルト)を超える1・4ミリシーベルトを計測し... [Read More]

« 島本町の踏切で人身事故、3万人に影響 大阪 | Main | 「引きこもり」首相、限界 震災後質疑応ぜず »