September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「問責、何と心得る」 西岡議長、仙谷長官を批判 | Main | 日本は核武装すべき 85% »

December 16, 2010

丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進

 12月16日の産経新聞朝刊に、「丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進、反日感情どう対応」という記事がある。まだ金儲けのことしか考えていないのか。尖閣問題で支那に何度も深夜に呼び出されてもまだ懲りていないようだ。支那の明らかな侵略行為に対して、最低限大使召還、そして国交を断絶する位のことをしないといけないのではないのか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 【上海=河崎真澄】7月末に着任した丹羽宇一郎・駐中国大使が20日からの3日間、一部に根強い反日感情が残る江蘇省南京を訪れる見通しとなった。日中関係筋が15日、明らかにした。

 それによると、南京に進出している日系企業約80社の関係者らと意見交換するほか、地元の大学を視察する見込みだという。

 実現すれば、丹羽大使の地方視察は先月の天津と河北省唐山に次いで2回目。丹羽大使は地方視察について、初の民間出身駐中国大使として推進する経済外交の一環と位置づけている。今回は環境保全技術などがテーマになる。

 一方、旧日本軍による南京占領から73年を迎えた今月13日、南京では犠牲者の追悼式が開催された。尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を受け、11月に南京でも反日デモが呼びかけられた経緯もある。丹羽大使訪問に南京住民らがどのような反応をみせるか予断を許さない。
 ↑ここまで

« 「問責、何と心得る」 西岡議長、仙谷長官を批判 | Main | 日本は核武装すべき 85% »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/50315889

Listed below are links to weblogs that reference 丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進:

« 「問責、何と心得る」 西岡議長、仙谷長官を批判 | Main | 日本は核武装すべき 85% »