September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 口蹄疫で韓国、警戒を最高水準「深刻」に | Main | 中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古-与那国間を通過か »

December 30, 2010

尖閣事件 中国側「海保が船長殴打」と言いがかり 政府は公表せず

 産経新聞のページに、「尖閣事件 中国側『海保が船長殴打』と言いがかり 政府は公表せず」という記事がある。政府・民主党は、船長逮捕時のビデオも全て公開し、船長を起訴すべきである。このまま放置することは即ち反日・親中と同じである。民主党だからどうしようもない。期待などできない。

 このままでは日本が滅びてしまう。そんな1年であった。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 9月の沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、中国外務省が丹羽宇一郎駐中国大使に対し、「海上保安官が船長らを殴った」と主張していたことが分かった。複数の日中外交筋が29日までに明らかにした。海上保安庁は事件当時、国際問題に発展することを念頭に穏便な対応を取っており、日中双方にけが人も出ていない。中国側の主張は事実無根の「言いがかり」だが、政府は世間の反中感情の高まりなどを憂慮し、船長らを拘束する際の映像を公表しなかった。

 複数の関係筋によると、中国側が「船長殴打」を主張したのは、9月25日に那覇地検が中国人船長を処分保留で釈放後、日中間の外交折衝の中だった。9月末に中国外務省に出向いた丹羽氏に対し、外務省幹部は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土」と強調した上で「日本の巡視船が故意に衝突し、不法に漁船と船長、乗組員を拘束した」などと非難し、日本の責任を追及した。

 これに対し、丹羽氏は「尖閣諸島は日本固有の領土」との立場を説明した上で事実関係を反論。当時、中国の漁業監視船2隻が尖閣諸島周辺の接続水域(領海の外側約22キロ)内で活動していたことに抗議、退去しなければ対抗措置をとる可能性にも触れた。

 双方の主張がすれ違う中、中国側は唐突に「日本の外務省は現場で何が行われたのかを知らない」と切り出し、衝突してきたのは海保の巡視船で、海上保安官が船長らを拘束する際に船長らに暴行を加え、不法勾留したとの見解を伝えたという。その後も原則論の応酬が続き、話し合いは物別れに終わった。

 海上保安庁は事件発生直後の9月7日、事件に伴うけが人はいないと発表した。巡視船「みずき」の船長らも11月中旬、沖縄県石垣市の第11管区海上保安本部石垣海上保安部を訪れた自民党調査団に対し、「中国漁船の乗組員は驚くほどおとなしかった」と証言。船長らを拘束した場面も映像で記録していることも説明した。

 衝突当時の映像はその後インターネットで流出し、「海保の巡視船が衝突してきた」とする中国側の主張は覆された。しかし、日本政府は拘束時の映像について「今後の取り締まり活動に支障を来す恐れがある」などとして今後も公表しない方針だという。
 ↑ここまで

« 口蹄疫で韓国、警戒を最高水準「深刻」に | Main | 中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古-与那国間を通過か »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/50441175

Listed below are links to weblogs that reference 尖閣事件 中国側「海保が船長殴打」と言いがかり 政府は公表せず:

« 口蹄疫で韓国、警戒を最高水準「深刻」に | Main | 中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古-与那国間を通過か »