September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 早期の解散総選挙を実施すべきでしょうか? | Main | 丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進 »

December 16, 2010

「問責、何と心得る」 西岡議長、仙谷長官を批判

 12月16日の産経新聞朝刊に、「『問責、何と心得る』 西岡議長、仙谷長官を批判」という記事がある。仙谷は辞任を要求してきた人はいないと居直っているが、参院では問責決議案が可決されている。これを完全に無視しているのだ。倫理軽視もはなはだしい。こ奴が今の日本の諸悪の根源である。韓国への謝罪も尖閣問題での支那船長の釈放も奴のせいだ。即刻辞めさせるべきである。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 西岡武夫参院議長は15日、国会内で記者会見を開き、先の臨時国会で参院から問責決議されながら自発的辞任を否定し続ける仙谷由人官房長官に対し「問責決議を何と心得ておられるのか」などと批判を繰り広げ、早期の辞任を迫った。

 仙谷氏が今月8日の記者会見で「少なくとも私のところに辞任を要求してきた人や『お前辞めろ』と言ってきた人はいない」と発言したことには「参院が『辞めろ』と言っているわけだから、何を考えてるんだと申し上げたい。まったく納得がいかない。参院に対する極めて許しがたい発言だ」と反論した。

 さらに「仙谷官房長官の傲岸不遜な発言、失策の数々には与野党を問わず批判が集中している。一刻も早く、官房長官が職を辞すことが、菅内閣による日本の国益への損失を少しでも抑えることにつながる」とした問責決議の提出理由をも読み上げた。
 ↑ここまで

« 早期の解散総選挙を実施すべきでしょうか? | Main | 丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/50315858

Listed below are links to weblogs that reference 「問責、何と心得る」 西岡議長、仙谷長官を批判:

« 早期の解散総選挙を実施すべきでしょうか? | Main | 丹羽大使、20日に南京訪問 「経済外交」を推進 »