September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」と、虚偽答弁を容認する非常識な民主党政権 | Main | のだめカンタービレ 25巻(完) »

December 13, 2010

茨城県議選 逆風民主は現有6議席どまりの惨敗

 産経新聞のページに、「茨城県議選 逆風民主は現有6議席どまりの惨敗 自民も議席減」という記事がある。民主党は候補者を24人も擁立したのに6人しか当選できなかったのだ。やっと民主党のでたらめさ・無能さが一般国民にも知れ渡ったということだろう。喜ばしい限りだ。さっさと政権交代(衆院解散・総選挙)すべきである。そして、ようやく民主党が分裂しそうである。これもまた結構なことだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 任期満了に伴う茨城県議会議員選挙(定数65)は12日、無投票の8選挙区をのぞく28選挙区で投票が行われ、即日開票の結果、新議員65人(うち無投票当選者8人)が決まった。投票率は49・00%で、前回の47・94%を上回った。

 党派別では、自民党が公認33人(無投票当選6人を含む)のほか、推薦の無所属6人が当選。民主党6人、公明党4人、共産党1人、みんなの党2人、無所属は自民推薦を含め19人(無投票当選2人を含む)だった。

 昨年、政権交代を果たした民主党が現有6議席に対し、現職5人と新人19人(推薦1人を含む)を擁立したが、内閣支持率が落ち込む逆風を受け惨敗した。県議会最大会派の自民党は現有45議席に対し、公認36人、推薦8人の計44人と候補者を絞り込んだ。
 ↑ここまで

« 国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」と、虚偽答弁を容認する非常識な民主党政権 | Main | のだめカンタービレ 25巻(完) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/50291412

Listed below are links to weblogs that reference 茨城県議選 逆風民主は現有6議席どまりの惨敗:

« 国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」と、虚偽答弁を容認する非常識な民主党政権 | Main | のだめカンタービレ 25巻(完) »