September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 支那の手先になった日刊ゲンダイ | Main | テロ情報流出疑惑に、岡崎トミ子大臣、事態理解せず こんな奴は辞めさせろ »

November 02, 2010

耳かき殺人判決についての各紙社説

 11月2日の朝刊に、耳かき殺人判決についての社説が載った。見出しを列挙する。

 産経新聞: 耳かき殺人判決 極刑回避は妥当だったか
 毎日新聞: 死刑でなく無期 裁判員の重たい決断
 朝日新聞: 裁判員と死刑―自分のこととして考える

 犯人は2人も殺しているのだが、判決は無期懲役だった。産経新聞だけが、「『やはり死刑判決を避けたのでは』という意見もあり得るのではないか」と書いている。朝日新聞は遺族感情など考えず死刑廃止を主張している。

 各紙の社説から抜粋する。


 産経新聞
 ↓ここから
 判決は、死刑回避の理由について「前科もなく偶発的な犯行で、事件後深く後悔、反省している」とし、「人生の最後の瞬間まで内省を深めていくことを期待する」としている。

 だが、今回の結果は、今後の同様な裁判にも影響を与えるとみられる。判決を軽々には批判できないにせよ、一方で「やはり死刑判決を避けたのでは」という意見もあり得るのではないか。

 裁判員は判決後、記者会見したが、「無期か死刑かでどこに判断の重点を置いたか」の質問には、地裁職員が「評議内容に触れる」と制止した。だが、国民参加の制度だからこそ、国民により多くの情報が開示されてしかるべきだ。守秘義務の範囲の緩和を含めて議論を深めていく必要がある。
 ↑ここまで


 毎日新聞
 ↓ここから
 そもそも、「永山基準」といっても、個々の基準を数量化し、足し算で死刑か否かを線引きできるものではない。もしプロの裁判官が今回の裁判に臨んでも、死刑か無期懲役かで意見が割れると言われていた。それほど難しい裁判だったのだ。

 もちろん、遺族の不満は理解できるが、証拠と格闘し、結論に至った裁判員らの判断を受け止めたい。

 また、裁判員裁判では、判決に保護観察をつけるケースが増えるなど、被告の社会復帰や更生に配慮する傾向がみられる。

 今回の判決でも、被告について「なぜ事件を起こしてしまったのか、苦しみながら考え抜いて、内省を深めてほしい」と述べている。死刑制度の賛否とは別に、裁く立場で真剣に死刑と向き合った人たちの声として、耳を傾けるべきだろう。
 ↑ここまで


 朝日新聞
 ↓ここから
 死刑を廃止するにせよ存続するにせよ、国民的議論が欠かせない。裁判員の責任は重たいが、この過程をくぐり抜けることによって、議論が奥深いものになると期待したい。

 死刑に関しては、判決は全員一致を条件にするべきだという主張もある。皆がそれ以外の選択がないと判断する場合に限るという考えに異論はない。一方で、本来秘密である個々の裁判官や裁判員の意見を明らかにするのと同じことになり、評議にも影響を及ぼしかねない。問題点を整理しながら検討を進めなければならない。

 この夏、当時の千葉景子法相が刑場を公開した。極刑の求刑が予想される裁判員裁判はこれからも続く。死刑をめぐる論議は新たな段階に入った。

 拘置所での生活や執行に至る情報の開示を進め、市民が意見を形づくる環境を整える必要がある。それは、裁判員として個々の事件に臨むにあたっても、制度の存廃を考えるうえでも、欠くことのできない条件である。
 ↑ここまで

« 支那の手先になった日刊ゲンダイ | Main | テロ情報流出疑惑に、岡崎トミ子大臣、事態理解せず こんな奴は辞めさせろ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49913277

Listed below are links to weblogs that reference 耳かき殺人判決についての各紙社説:

« 支那の手先になった日刊ゲンダイ | Main | テロ情報流出疑惑に、岡崎トミ子大臣、事態理解せず こんな奴は辞めさせろ »