September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 支那のためには日本の法律を曲げても構わないと書く朝日新聞 | Main | 【首相所信表明】日中問題など外交課題に「国民1人ひとりが…」と責任を有権者に転嫁か »

October 03, 2010

蓮舫が尖閣問題で「今回の対応策はベストだった」と発言

 産経新聞のページに、「蓮舫氏は国民目線を失ってしまった?尖閣問題『ベスト』発言で」という記事がある。記事には「国民目線を失ってしまった」とあるが、元々蓮舫には日本国民の目線などなかった。事業仕分けなどテレビ向けのパフォーマンスに過ぎないし、技術立国・日本の事を考えればスーパーコンピュータが世界で2番以下でも構わないという発言などあり得ない。

 尖閣問題に対する今回の発言も、自らが台湾出身ということで本音が出たということだろう。テレビ向けのパフォーマンス大臣に騙されてはいけない。特に東京都民。馬鹿じゃないのか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 蓮舫行政刷新担当相(41)が1日、報道各社のインタビューに応え、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について、「内閣の一員として、今回の対応策はベストだった」と語った。菅直人内閣は、中国の理不尽な恫喝にビビり、検察に政治判断を丸投げ。中国人船長を釈放する前代未聞の醜態を演じた。それが「ベスト」とは…。(夕刊フジ)

 「彼女が人気を集めたのは、国民目線で行政の無駄をバッサバッサと切ったから。今回の発言は『内閣を守る』という身内意識だけが優先している。政治家はもっと大きな視野を持たないとダメだ」

 こう語るのは、政治評論家の浅川博忠氏。たしかに、2日の産経新聞に掲載された蓮舫氏の発言は違和感だらけだ。冒頭のベスト発言に続き、「外交問題はどのような結果を出しても、いろいろな意見がある。司法判断も含め、今回のやり方しかなかった」とも語っているが、政治は結果がすべてといっていい。

 民主党内からも、「今回の結末は日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難だ」(長島昭久前防衛政務官ら43人)、「外交問題を(船長釈放の)理由とする判断は検察の権限を大きく逸脱した極めて遺憾な判断」(松原仁衆院議員ら73人)など、抗議の建白書や緊急声明が出されている。

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の緊急合同世論調査でも、日本政府の対応を70・5%が「不適切」と回答。菅内閣の支持率は48・5%で、前回調査より15・7ポイントも急落した。

 そもそも菅首相は、船長釈放を「検察当局が総合的に考慮し、国内法に基づいて判断した結果」と語っているが、新聞各紙は、菅首相が「早く釈放できないのか」と官邸スタッフに迫り、仙谷由人官房長官(64)が釈放決定当日に柳田稔法相(54)と2回も協議したと報じている

 そんな内閣の対応を「ベスト」とした蓮舫氏の意図は何か。

 前出の浅川氏は「蓮舫氏には『菅首相のおかげで閣僚になれた』という思いや、父親が台湾出身という背景もあるかもしれない。ただ、事を荒立てず、中国と妥協するという姿勢では国民に受け入れられない。このままでは蓮舫氏の国民的人気も下がるだろう」と話している。
 ↑ここまで

« 支那のためには日本の法律を曲げても構わないと書く朝日新聞 | Main | 【首相所信表明】日中問題など外交課題に「国民1人ひとりが…」と責任を有権者に転嫁か »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49635059

Listed below are links to weblogs that reference 蓮舫が尖閣問題で「今回の対応策はベストだった」と発言:

« 支那のためには日本の法律を曲げても構わないと書く朝日新聞 | Main | 【首相所信表明】日中問題など外交課題に「国民1人ひとりが…」と責任を有権者に転嫁か »