September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 屁理屈をこねくり回す仙谷 国会や国民をナメている | Main | “公然の秘密”韓国の介入が焦点に浮上 日本がこれ以上犠牲になる必要はない »

October 14, 2010

「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」 嘘だらけの朝日新聞社説

 朝日新聞の10月14日の社説は「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」である。抜粋すると次のような事を言っている。

 「国会でこれほど『熟議』が語られたのは初めてだろう」
 「直接のきっかけは、菅直人首相が所信表明で『熟議の国会にしていくよう努めます』と唱えたことだ」
 「ただそれは国会本来の機能を回復することであり、時代の要請でもある。政治が前進する兆しとして歓迎する」
 「熟議の作法が定着したとはまだまだいえないが、そのために何が必要か、手がかりはつかめたのではないか」
 「まず、日本の行く末にかかわる問題を大局に立って議論する姿勢である」
 「相手を一方的に責め立てるのではなく、自らを省みながら論じる姿勢も不可欠である」
 「それには閣僚にも質問者にも知識と力量が欠かせない」

 この抜粋を読めば、政権交代した民主党政権で、国会がよくなった印象を受けるのではないか。ところが現実は正反対で、民主党政権になってから国会が劣化していると言える。その原因はただただ民主党にある。国会の答弁で嘘をついて憚らず、屁理屈をこねくり回して誤魔化す。都合の悪いことには答弁しない。このような事態がまかり通っているのだ。

 その実例として、例えば産経新聞のページを見ると次のような記事がある。

 「『そんな政府はやめっちまえだ』 自民・石破氏」
 「【衆院予算委】陰の首相・仙谷氏の「独演会」 はぐらかしや逆質問を連発 漂う虚脱感」

 前者の記事には、民主党が衆院予算委員会で事前通告がなかったことを理由に答弁しなかったということが書かれているし、後者の記事には、民主党の仙谷官房長官が屁理屈を駆使して野党の追及をかわしていることが書かれている。どちらも国会や国民を愚弄している。朝日新聞は新聞社であるから産経新聞と同様にこの事実を掴んでいるはずだ。にもかかわらず事実を報じず、自らが後押しした民主党への「政権交代」を正当化するような嘘の社説を書いているのである。嘘を平気で書く新聞が朝日新聞である。このような新聞を購読する奴はもはや馬鹿としか思えない。朝日新聞を読み続けていれば、事実がわからずに馬鹿になってしまうだろう。

« 屁理屈をこねくり回す仙谷 国会や国民をナメている | Main | “公然の秘密”韓国の介入が焦点に浮上 日本がこれ以上犠牲になる必要はない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49741988

Listed below are links to weblogs that reference 「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」 嘘だらけの朝日新聞社説:

« 屁理屈をこねくり回す仙谷 国会や国民をナメている | Main | “公然の秘密”韓国の介入が焦点に浮上 日本がこれ以上犠牲になる必要はない »