September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「そんな政府はやめっちまえだ」 誰でもそう思うはずだ | Main | 「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」 嘘だらけの朝日新聞社説 »

October 14, 2010

屁理屈をこねくり回す仙谷 国会や国民をナメている

 産経新聞のページに、「【衆院予算委】陰の首相・仙谷氏の「独演会」 はぐらかしや逆質問を連発 漂う虚脱感」という記事がある。かつて政権与党の座にありながら、これほど人を馬鹿にした答弁を連発する奴がかつていただろうか。わしの記憶にはない。国会や国民をバカにしている。恐らくは見下しているのだろう。

 国会という場で馬鹿な答弁をしたり平気で嘘をつきまくる民主党政権。このような状態が許される訳がない。衆院解散がないからといい気になっているのだろう。野党は紳士ぶっていないで、徹底的に攻撃して衆院解散・総選挙に持ち込んで欲しい。民主党政権が続けば続くほど、日本国や我々国民に不利益をもたらし続けるのだから。

 売国奴の反日左翼が国家を牛耳っているのは異常事態である。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 衆院予算委員会が仙谷由人官房長官の「独演会」となりつつある。質問者が菅直人首相に答弁を求めても割って入り、声を荒らげたり、けむに巻いたり、逆に質問したり…。「陰の首相」との“異名”では不満なのか、政権の「顔」として振る舞う異様な姿に、衆院第1委員室は虚脱感だけが漂った。(酒井充)

 「公明党の山口那津男代表が船長の釈放に肯定的な談話を出され、大変感謝しております」

 13日午後、公明党の遠藤乙彦衆院議員が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の初動対応をただすと、仙谷氏はまず山口氏に賛辞を贈って追及をかわし、本題と関係のない宮崎県での口(こう)蹄(てい)疫(えき)対策などをとうとうと説明、答弁に5分を費やした

 仙谷氏は12日の衆院予算委初日から出ずっぱりだった。質問者が首相の答弁を求めても後ろに座る仙谷氏が手を挙げてすかさず答える。中井洽(ひろし)予算委員長は首相が手を挙げても申し合わせたかのように仙谷氏を指名。「首相に答弁を求めているんだぞ!」。野党から盛んにヤジが飛ぶが、一切耳に届かないようだ。

 首相も自らの答弁に自信がないのか、仙谷氏の代弁に満足している様子。後ろの仙谷氏を振り返りつつ、遠慮がちに手を挙げることもしばしばだった。

 12日の予算委では自民党の石原伸晃幹事長が尖閣諸島への民間人立ち入りの是非を問うと、仙谷氏が「原則として何人も上陸を認めない」と答弁し、首相は「官房長官の答弁の考え方で対応することが適切だ」と同調しただけだった。

 仙谷氏は弁護士の経歴をいかんなく発揮する。肝心な部分ははぐらかし、質問者に逆質問することも少なくない。

 12日には石原氏が「弱腰外交」と批判すると仙谷氏はこう答えた。

 「別に弱腰だと思っていない。柳腰というしたたかで強い腰の入れ方もある」

 自分でもうまい言い方だと思ったのか、仙谷氏はにんまりしたが、13日になって逆襲を受けた。自民党の鴨下一郎元環境相は「柳腰とは細くてしなやかな腰、多くは美人の例えだ」と誤用を指摘、撤回を求めた。

 仙谷氏は中座して不在だったが、13日午後の記者会見で「柳腰」発言を撤回しない考えを表明。理由を問われると、なぜか1905年の日露戦争の講和条約「ポーツマス条約」について5分間も独演し、「ロシアから賠償金も取れずに条約を結んだのはけしからんといって日比谷公園が焼き打ちされる大騒動に発展した。(衝突事件でも)釈放や逮捕だけ取り出してどうのこうのと声高に叫ぶことはよろしくない」と奇妙な結論で結んだ

 仙谷氏も12日は出しゃばりすぎたと思ったのか、13日は控えめに振る舞ったが、自らのディベート能力をひけらかすような答弁に与党席にもしらけムードが漂う。いくら屁(へ)理屈を駆使して追及をかわしても国民の支持が高まることはない
 ↑ここまで

« 「そんな政府はやめっちまえだ」 誰でもそう思うはずだ | Main | 「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」 嘘だらけの朝日新聞社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49736433

Listed below are links to weblogs that reference 屁理屈をこねくり回す仙谷 国会や国民をナメている:

« 「そんな政府はやめっちまえだ」 誰でもそう思うはずだ | Main | 「予算委論戦―熟議の歩みを進めたい」 嘘だらけの朝日新聞社説 »