September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 漁船衝突ビデオ非公開問題、先延ばしと責任押し付け 国民無視し中国配慮 | Main | NHK記者「捜査」漏洩 »

October 09, 2010

中国軍艦、ガス田展開 尖閣事件後初 海自護衛艦と米海軍派遣

 10月9日の産経新聞朝刊1面に、「中国軍艦、ガス田展開 尖閣事件後初 海自護衛艦と米海軍派遣」という記事がある。日本が黙っていたら支那につけ上がられるだけだ。海自護衛艦派遣は当然の措置だ。自衛艦の尖閣常駐や、核兵器の保有、原子力潜水艦の保有・日本海および東シナ海への展開などを検討して実施する必要がある。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国海軍艦艇が東シナ海のガス田付近に展開していることが8日、分かった。複数の日本政府高官が明らかにした。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件後に、ガス田付近で中国海軍艦艇の活動が確認されたのは初めてで、平成17年9月以来。海洋権益確保に向けた示威活動で、日米の軍事的対抗策を確認する狙いもあるとみられる。

 海上自衛隊は、中国海軍艦艇が監視対象海域に入ったとして、護衛艦を周辺海域に派遣した。

 また米海軍は、この周辺海域で展開することの多い音響測定艦を投入した。日米で連携して中国海軍艦艇の動向や、中国海軍潜水艦の動きなどを監視している。

 日本側は、中国海軍艦艇が現場海域から離脱するかどうかは不透明としており、ガス田周辺で日米と中国の艦艇が牽制(けんせい)し合う構図が常態化する懸念もある。

 中国海軍艦艇はフリゲート艦1隻で、少なくとも1週間前から「平湖(中国名)」ガス田周辺を航行している。排他的経済水域(EEZ)の境界線「日中中間線」の日本側には入っていない。

 「平湖」は、ガス田の中で日中中間線から最も離れており、日中共同開発の協議対象でもない。そのため日本側は、中国海軍艦艇が日米両国を必要以上に刺激しないよう、巧妙に抑制した運用を行っている可能性があるとしている。

 中国側は、米軍普天間飛行場の移設問題で日米同盟がきしんでいるとみており、今回の中国海軍艦艇の展開でも「この海域で自衛隊と米軍が連携して艦艇を派遣するかどうかを見極めようとした」(政府高官)との指摘もある。

 中国海軍艦艇は、尖閣諸島近海で中国の漁業監視船と海上保安庁の巡視船がにらみ合っていた時期に活動を開始。ガス田周辺には約10隻の海洋調査船も航行していた。

 漁業監視船は日中首脳会談後には尖閣諸島沖を離れ、海洋調査船も2隻程度に減ったが、中国海軍艦艇は活動を継続している。監視船の活動終息で、中国国内で「弱腰」批判が高まるのを抑える措置との見方がある。

 「フリゲート艦」は大型の巡洋艦と小型の駆逐艦の中間的な水上艦。中国のフリゲート艦は20年10月、戦闘艦艇として初めて津軽海峡を通過している。
 ↑ここまで

« 漁船衝突ビデオ非公開問題、先延ばしと責任押し付け 国民無視し中国配慮 | Main | NHK記者「捜査」漏洩 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49693809

Listed below are links to weblogs that reference 中国軍艦、ガス田展開 尖閣事件後初 海自護衛艦と米海軍派遣:

« 漁船衝突ビデオ非公開問題、先延ばしと責任押し付け 国民無視し中国配慮 | Main | NHK記者「捜査」漏洩 »