September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日本の謝罪外交を米国人学者が「不毛」と指摘 | Main | 【民主党代表選】長尾一紘・中央大学法学部「外国人の投票は憲法違反だ」 »

September 06, 2010

【民主党代表選】外国人に国政参政権付与と同じ 実数さえ把握せず

 産経新聞のページに、「【民主党代表選】外国人に国政参政権付与と同じ 実数さえ把握せず」という記事がある。民主党の党員やサポ-タになる場合には国籍による制限がなく、外国人から党費・サポータ費を集めているのは以前からわかっていたことだ。そのこと自体が政治資金規正法に抵触している。民主党は党をあげて政治資金規正法を骨抜きにしているのだ。

 さらに、今回の党首選では、選ばれた者が日本の首相になってしまう。外国人が堂々と国政に影響を与えてしまうのだ。産経の記事にあるように、「外国人や外国勢力が首相選びに関与するのは、日本が主権を失っていた占領期を除けば今回が初めて」というとんでもない事態なのだ。

 この異常事態は連日報道してもいい位だが、テレビなどのマスコミはまず報道しない。産経新聞や読売新聞がやっと報じているだけだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党代表選は事実上、次期首相を選ぶ選挙だが、日本国民の大多数が参加しない中で、党員・サポーターになった在日外国人は投票できる。永住外国人の参政権付与問題では、民主党の付与推進派ですら地方選挙権に限るとの主張がほとんどだが、代表選では在日外国人が「国政参政権」を事実上持てる。にもかかわらず民主党は外国人がどれくらい含まれるか把握すらしておらず実態は明らかでない。(原川貴郎)

 「それは党の問題でしょ。僕に聞かれてもわからない

 5日夜、大阪市内で記者団から、外国人に投票を認めることは「憲法違反との声もある」と質問された小沢一郎前幹事長はぶっきらぼうに答えた。

 党員・サポーターは約34万人で、全体の1224ポイント中300ポイントと約4分の1の重みを持つが、党事務局は「外国人を区別して集計していない」としている。

 民主党は党員・サポーターを「党の基本理念・政策に賛同する18歳以上の個人(在外邦人および在日の外国人を含む)」と規定している。年間、党員は6千円、サポーターは2千円を納めれば投票資格を持てる。申し込み用紙に国籍欄はない。本人確認も十分行われているとは言えない

 民主党が平成10年10月の党規約改正で、在日外国人の党員・サポーターを明記したのは「党勢や党財政の拡充をねらった」(党中堅)ためと言われている。

 在日外国人の党員・サポーターは過去、平成14年9月の代表選の一度だけ、投票している。この時は民主党が野党だったためさほど注目を集めなかった。しかしいま民主党は政権党だ。外国人や外国勢力が首相選びに関与するのは、日本が主権を失っていた占領期を除けば今回が初めて

 民主党内にも「外国人の地方選挙権さえ決まっていないのに、首相選びに関与するのは矛盾だ」(副大臣の一人)との意見はある。枝野幸男幹事長は8月の記者会見で「(見直しの)検討は将来に向かっては必要かなと思う」と述べたが、具体的な動きはない。

 憲法学者から違憲と指摘される事態を改めようとしない民主党は、成熟した政権政党の域に達しているとは言い難い

 他党では自民、共産、みんな、国民新、たちあがれ日本の各党が党員要件として日本国民と規定。公明、社民両党は外国人党員を認めている
 ↑ここまで

« 日本の謝罪外交を米国人学者が「不毛」と指摘 | Main | 【民主党代表選】長尾一紘・中央大学法学部「外国人の投票は憲法違反だ」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49367245

Listed below are links to weblogs that reference 【民主党代表選】外国人に国政参政権付与と同じ 実数さえ把握せず:

« 日本の謝罪外交を米国人学者が「不毛」と指摘 | Main | 【民主党代表選】長尾一紘・中央大学法学部「外国人の投票は憲法違反だ」 »