September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 対シナ外交の正念場 | Main | 中国軍事力は「懸念事項」ハイテク装備も警戒 22年版防衛白書 »

September 10, 2010

中国の漁業監視船尖閣派遣に政府高官困惑、外務省は抗議

 産経新聞のページに、「中国の漁業監視船尖閣派遣に政府高官困惑、外務省は抗議」という記事がある。官邸の見通しは甘すぎる。面従腹背は支那の常套手段だ。「中国政府としても事態をエスカレートさせることは望んでいない」というのは表面的すぎる。昨今の支那による日本に対する軍事挑発行為は、日本政府が弱腰だからである。

 軍事力の差が大きくなるほど、戦争になる可能性が出てくる。これは歴史の常識だ。日本は支那の軍備増強に対抗しないと、そのうち尖閣はおろか沖縄本島、そして日本列島まで侵略されてしまうぞ。核兵器保有を真剣に考えるべきだ。日本人を守る気など毛頭ない民主党政権では到底実現不可能だが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国政府が沖縄・尖閣諸島付近に「漁業監視船」を派遣したとの発表に対し、外務省は9日、駐日中国大使館と中国外務省に抗議した。ただ、日本政府は中国側の真意を測りかねており、「どういう意図があるのか分からない」(政府高官)と困惑している。

 外務省幹部によると、日本側は今回の抗議の中で、中国漁船と海上保安庁巡視船の接触事件について、「中国政府は事件についてエスカレートさせないと言ってきた。しかし、今回の行為はエスカレートさせるものだ」と非難している。ただ、「公海上での行動であれば、何も言えない」(政府筋)という実情もあり、これ以上の強い態度には出られないようだ。

 一方、官邸筋は、中国側の挑発行為がエスカレートしてくるとの見方には否定的で、「情勢を分析中だが、中国政府としても事態をエスカレートさせることは望んでいない。国内で弱腰批判を受けるのを警戒し、日本に対して筋を通している姿を見せるところに最大の目的がある」とみている。

 ただ、今後の中国側の出方次第では日本領である尖閣諸島周辺海域での情勢が緊迫化する可能性がある。実際、中国政府が「核心的利益」とみなす南シナ海では今年6月、中国が派遣した大型漁業監視船が、中国漁船を拘束したインドネシア海軍の警備艇に武力攻撃を警告する行為を行った。日本政府としては引き続き「法令に従い対処する」(首相周辺)としている。
 ↑ここまで

« 対シナ外交の正念場 | Main | 中国軍事力は「懸念事項」ハイテク装備も警戒 22年版防衛白書 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49406836

Listed below are links to weblogs that reference 中国の漁業監視船尖閣派遣に政府高官困惑、外務省は抗議:

« 対シナ外交の正念場 | Main | 中国軍事力は「懸念事項」ハイテク装備も警戒 22年版防衛白書 »