September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国側の軟化期待し船員帰国さす…「違った状況」 | Main | 民主党の岡田外相が、バターン死の行進を元米兵らに公式謝罪 馬鹿かこいつは »

September 14, 2010

「名護市議選―重い民意が加わった」と喜ぶかのような朝日新聞社説

 朝日新聞の9月14日の社説は、「名護市議選―重い民意が加わった」である。左翼の巣窟のようになってしまった普天間基地問題だが、朝日新聞は問題がさらにこじれることを望んでいるようである。

 日本の安全保障を考えれば、原状では沖縄に米軍基地を置くしかない。米軍の替わりに自衛隊を配備し、核兵器で武装するのなら別だが、左翼の求めているのは時代錯誤の「非武装」である。

 沖縄から米軍基地が無くなれば、支那共産党軍がすぐさま尖閣諸島や沖縄諸島に上陸するだろう。

 沖縄で、米軍基地に反対するだけでなく、沖縄独立を唱える日本人もいる。現実が全く見えていないのだ。

 朝日新聞の社説もそうであり、内容が無い。「基地の負担軽減はもちろんだが、基地に依存しない自立した経済をどうつくるか、沖縄の将来ビジョンをともに描いてほしい」とか、「信頼回復は言葉だけではできない。ひとつひとつ共同作業を積み重ねるしかない」などと書くが、具体性が全く無いのだ。これが社説だというのだからあきれてしまう。

 社説を引用する。

 ↓ここから
 またひとつ、重い民意が示された。

 米海兵隊普天間飛行場の移設先として日米が合意した沖縄県名護市。12日投開票された市議選で、受け入れに反対する稲嶺進市長を支持する勢力が大幅に議席を伸ばし、過半数を得た。

 最も身近な地域の代表を決める選挙である。移設への賛否だけで、有権者が判断したわけではあるまい。

 しかし、明確に移設反対を主張し続ける市長が、議会で安定した基盤を確保した。菅直人首相は選挙結果を重く受け止めるべきだ。

 昨年夏の総選挙の際、沖縄県の4小選挙区すべてで、名護市辺野古への移設に反対する候補者が当選した。

 今年1月の名護市長選では、移設容認の現職を破り、初めて反対派の稲嶺市長が誕生した。

 基地受け入れの見返りとしての公共事業や地域振興策より、普天間の国外・県外移設を求める――。政権交代を機に火がついた沖縄の民意は、もはや後戻りすることはなさそうだ。

 辺野古での滑走路建設には、県知事の公有水面埋め立て免許が必要だ。地元の市長と市議会が反対で足並みをそろえた以上、11月の知事選で誰が当選しようと、免許を出すのは簡単ではない。客観的に見て、日米合意の実現はさらに厳しくなった。

 普天間の危険除去のためにも、日本の抑止力維持のためにも、どうしても辺野古移設が必要だというなら、菅政権はそのことを正面から沖縄に問いかけ、少しでも理解を広げる努力をしなければいけない。

 現状では、そうした汗をかいているようには見えない。ただ知事選の結果待ちというのでは、無責任にすぎる。

 民主党代表選では、小沢一郎前幹事長が、沖縄県、米国政府との再協議を提起した。日米合意の実現が難しいという現状認識はその通りだが、具体的なアイデアは示されていない。代表選の行方にかかわらず、政府与党あげて知恵を絞り、取り組む必要がある。

 政府と沖縄県の公式の対話の場である沖縄政策協議会が先週ようやく再開された。政府にとっては沖縄との信頼関係を築き直す重要な舞台だ。

 ただ、沖縄振興を決して普天間移設と結びつけてはいけない。沖縄振興の基本は、太平洋戦争で本土の盾として地上戦を戦ったうえ、戦後も長く米軍に支配されたことで、今も残る本土との格差を埋めることだろう。

 2011年度末に期限が切れる沖縄振興特別措置法に代わる新法も協議の対象となる。基地の負担軽減はもちろんだが、基地に依存しない自立した経済をどうつくるか、沖縄の将来ビジョンをともに描いてほしい。

 信頼回復は言葉だけではできない。ひとつひとつ共同作業を積み重ねるしかない。
 ↑ここまで

« 中国側の軟化期待し船員帰国さす…「違った状況」 | Main | 民主党の岡田外相が、バターン死の行進を元米兵らに公式謝罪 馬鹿かこいつは »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49448598

Listed below are links to weblogs that reference 「名護市議選―重い民意が加わった」と喜ぶかのような朝日新聞社説:

« 中国側の軟化期待し船員帰国さす…「違った状況」 | Main | 民主党の岡田外相が、バターン死の行進を元米兵らに公式謝罪 馬鹿かこいつは »