September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 靖国と菅内閣 国家の責務に背を向けた | Main | 党首選のあり方―政権交代時代にあわない »

August 16, 2010

閣僚参拝ゼロ なお決着遠い靖国問題

 毎日新聞の8月16日の社説は、「閣僚参拝ゼロ なお決着遠い靖国問題」である。毎日新聞は、「今回の菅内閣の対応を評価したい」と明言している。一体どこの国の新聞か。

 毎日新聞が戦時中に記事にした百人斬りの話は、戦意を鼓舞するための創作記事であったのだが、毎日新聞は「百人斬り」裁判で、それを否定した。卑怯この上ない。

 参考: 稲田朋美「百人斬り裁判から南京へ」(文春新書)

 更に、変態ゴシップ記事をわざわざ英文にしてネットで世界中に配信した。この一事だけでも、新聞社が潰れてもおかしくない事件であった。

 今回の社説も、国民世論や現実を無視した社説である。

 首相が靖国を参拝しても何ら問題は無い。靖国神社は日本国内にあるのだ。首相が行けないというのはおかしい。支那や韓国の内政干渉を許していることになる。

 また、新たな追悼施設など作っても誰も参拝などしない。靖国がその使命を果たしているからだ。国家が建設する追悼施設だから、政教分離に従って無宗教にするのだから、意味を成さない。例えて言うと、神戸のルミナリエは光の飾りが綺麗なだけで、震災の犠牲者の追悼になどならない。それと同じだ。

 「昭和天皇がA級戦犯合祀に強い不快感を示していたとの側近のメモが見つかった」と断言しているが、その信憑性には疑問がある。そもそもメモ自体が一般の歴史家によって検証されていないのだ。仮にそのメモが正しいとしても、普段「天皇制」を否定している毎日新聞や朝日新聞といった連中が、昭和天皇の言葉に頼って「A級戦犯」合祀を否定しているのだ。自己矛盾も甚だしい。

 毎日新聞が最後に、「歴史認識をめぐる党内対立を回避するため、議論もしないというのではあまりに内向きだ」と書いている。議論をしたら、謝罪談話など不要という結論になるのを避けるため、議論もせず、日程を前倒しにして、菅が「謝罪談話」を出したのである。独裁的で卑怯である。

 とりあえず、引用する。

 ↓ここから
 歴代の自民党政権との違いを示したのは確かだろう。65回目の終戦記念日を迎えた15日、菅直人首相と菅内閣の全閣僚が靖国神社を参拝しなかった。閣僚の参拝者がゼロだったのは記録が残っている80年代以降初めてである。かねて私たちも、首相らの靖国参拝にはさまざまな問題があると指摘してきたところだ。今回の菅内閣の対応を評価したい

 ただし、これで靖国問題が決着したわけではない。特に残念なのは、靖国神社に代わる新たな追悼施設建設に関する政界の議論が途絶えていることだ

 言うまでもなく靖国問題の核心の一つは、極東軍事裁判でA級戦犯となった戦争指導者たちが合祀(ごうし)されている点である昭和天皇がA級戦犯合祀に強い不快感を示していたとの側近のメモが見つかったのは記憶に新しい。先の大戦の正当化につながるような靖国神社のあり方に疑問を抱く国民も少なくないだろう。

 内外の人々がわだかまりなく戦死者を追悼するにはどうするか--。長年の課題の解決策の一つが、新しい追悼施設の建設だったはずだ。

 民主党は野党時代にまとめた「09年政策集」で「特定の宗教性をもたない新たな国立追悼施設の設置に向けて取り組みを進める」と明記した。ところが党内には反対論もあり、昨年の衆院選マニフェストには盛り込まれなかった。最近も長妻昭厚生労働相が新施設建設に前向きな考えを示しているが、建設を検討する調査費を来年度予算案に盛り込むといった動きにはなっていない。

 自民党も小泉政権当時、福田康夫官房長官の私的懇談会が追悼施設建設を検討したことがあったが、その後立ち消えになっている。

 一方、昨年12月には日本遺族会会長である古賀誠自民党元幹事長の地元、福岡県遺族連合会が事実上、A級戦犯の分祀を求める見解をまとめている。しかし、靖国神社側はいったん合祀されたA級戦犯の分祀は神道の教義上困難との考えを崩しておらず、分祀論も進展はしていない。

 韓国では15日、日本の植民地支配からの解放65周年式典が行われ、李明博(イミョンバク)大統領は先に発表された日韓併合100年に関する菅首相の談話について「日本の一歩前進した努力と評価する」と明言したうえで、「具体的な実践を通じて新たな100年を築いていかねばならない」とも語った。

 この菅首相談話に対しても民主党の一部には異論がある。だが、韓国や中国のみならず各国との「未来志向」の関係を定着させるためにも追悼施設に関する議論を途切れさせてはなるまい。歴史認識をめぐる党内対立を回避するため、議論もしないというのではあまりに内向きだ。
 ↑ここまで

« 靖国と菅内閣 国家の責務に背を向けた | Main | 党首選のあり方―政権交代時代にあわない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49165859

Listed below are links to weblogs that reference 閣僚参拝ゼロ なお決着遠い靖国問題:

« 靖国と菅内閣 国家の責務に背を向けた | Main | 党首選のあり方―政権交代時代にあわない »