September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 問責決議案 見送りは有権者を裏切る | Main | 原爆忌 核軍縮の潮流を確かなものに »

August 06, 2010

「原爆投下65年―連帯し核廃絶のゴールへ」 現実無視の朝日新聞社説

 朝日新聞の8月6日の社説は、「原爆投下65年―連帯し核廃絶のゴールへ」だ。相変わらず現実を無視し、事実を歪曲した社説を書いている。

 「来日中の国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長も、昨日長崎を訪れた後、広島の式典に歴代事務総長として初めて出席する」

 それがどうした。潘基文が国連事務総長になってから、国連を韓国の私物化してきた。また、反日行為(竹島は韓国領といういつものやつだ)も国連行事と一緒に行われたこともあった。

 「昨年4月、オバマ米大統領がプラハで『核兵器のない世界』に向けて行動すると表明した。核軍縮・核不拡散の機運はこれまでになく高まっている」

 これは朝日のお得意の嘘だ。オバマ大統領は自分の生きている間に核兵器が無くなることはないとも言っている。そもそも支那の核ミサイルが台湾と日本に向けて配備されている事実を前にして、核廃絶などと言う事は、支那を利するだけである。現実を無視している。

 「被爆者が願っているのは核軍縮ではありません。核兵器絶対否定であり、核兵器廃絶です」

 核兵器の威力を知っているのだから、核廃絶だけに向うのではなく、核を保有して国を自衛しようという方向に向ってもおかしくはないのだが、日本の場合はそうはならない。現実に日本は核の脅威に日々晒されているというのに。

 「対人地雷やクラスター爆弾の禁止条約が成立したのは、いくつかの国の国会議員がNGOと連帯して政府に働きかけたことが大きかった。核兵器でもこの経験を生かしたい」

 日本が対人地雷やクラスター爆弾の禁止条約を批准することは、自殺行為に近いものがある。アメリカよりも長い海岸線を持つ(!)日本を防衛するためには、通常兵器では対人地雷やクラスター爆弾が有効なのだ。でなければ核兵器を保有するかだ。現実の脅威を無視している。

 「唯一の被爆国である日本は、その先頭に立たなければならない」

 唯一の被爆国というのも実は嘘だ。支那のウィグルでは度重なる核実験でウィグル人が被爆しているし、日本などからシルクロード観光来た人も被爆している可能性が高い。

 核の脅威を身を持って知っている日本であるからこそ、核兵器を保有すべきである。支那や北朝鮮、ロシアといった日本周辺の独裁国が核兵器を持っている現実をみれば、妥当な考えであると思う。

« 問責決議案 見送りは有権者を裏切る | Main | 原爆忌 核軍縮の潮流を確かなものに »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49078027

Listed below are links to weblogs that reference 「原爆投下65年―連帯し核廃絶のゴールへ」 現実無視の朝日新聞社説:

« 問責決議案 見送りは有権者を裏切る | Main | 原爆忌 核軍縮の潮流を確かなものに »