September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 歴史を語る『資格』とは? | Main | 問われる政権の見識…朝鮮学校無償化は違憲の疑い »

August 18, 2010

農心不買運動'拡散

 Blog「特亜を斬る」さんに、「農心不買運動'拡散」という投稿がある。日本のかっぱえびせんをパクって作っている韓国の「カウセン」から蛾の幼虫が出てきたという。以前はネズミの頭が出てきたことがあった。

 消費者が抗議しても製造元の農心は、「製品工程中に起きることがある」と誠意の無い返事だったという。衛生観念の無い食品製造業者である。韓国では当たり前なのだろう。

 また、同じく農心のカップラーメン'海老汁'から蟻数十匹が出てきたという。

 農心のニセえびせんやカップラーメンは日本でも輸入販売されているが、大丈夫なのだろうか。心配だ。

 投稿を引用させていただく。衝撃的な写真も。

 ↓ここから
蛾の幼虫やアリが入ったバ韓国食品をどうぞ!

農心不買運動'拡散

2008年'ネズミの頭'が発見されて論議がおきた農心エビセンで再び虫が出てきて消費者の抗議が降り注いでいる。

12日主婦であると明らかにしたある消費者はカフェに"エビセンから虫が出てきた"として写真を掲載した。 この写真にはエビセンのあちこちに生きている蛾の幼虫ら這い回っていて、虫が菓子を削ったと見られる穴らがあけられていて衝撃を与える。

問題の製品はソウル、麻浦区(マポグ)、城山洞(ソンサンドン)に位置したあるスーパーから購入され流通期限は2011年1月までと伝えられた。
被害消費者は来客中に"家でエビセンを子供たちに食べさせようとして発見した"として"お客さんがとても驚いて耐えられずに嘔吐し、夫と我を忘れて片づけてとても腹が立ったので写真を撮った"と明らかにした。
被害消費者は直ちに写真と共に農心側に抗議したが、帰ってきた返事は彼女をより一層あきれさせた。

農心関係者は"製品工程中に起きることがある。返金するか同じ製品をまた送る"と誠意がない返事で一貫した。 また"インターネットに載せるか、消費者保護院に告発しようが好きなようにしなさい"と脅して消費者に不快感を与えることもした。
論議が広がるとすぐに農心側は"消費者が正確なサンプルより写真の資料だけで補償を要求したので手続きのとおり処理をした"として"虫のサンプルを受けることが出来ない状況では正確な

一方、13日また他の消費者が農心のカップラーメン'海老汁'から蟻数十匹が出てきたとしツイッターに写真を掲示して非難の声が広がっている。 この消費者は"ビニールには何の穴もあけられていなかった"と証言して非難の程度を高めた。
インターネットユーザーらは"ネズミ頭の衝撃がまだ残っているのに","農心はまだ正常な感覚でないんだな","菓子袋をはがすのが恐ろしい"と不感症を訴えて'農心不買運動'を広めている。

バ韓人の脳も寄生虫にやられている・・・


Nosin01

Nosin02

Nosin04

Nosin05
 ↑ここまで

« 歴史を語る『資格』とは? | Main | 問われる政権の見識…朝鮮学校無償化は違憲の疑い »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49184876

Listed below are links to weblogs that reference 農心不買運動'拡散:

« 歴史を語る『資格』とは? | Main | 問われる政権の見識…朝鮮学校無償化は違憲の疑い »