September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 党首選のあり方―政権交代時代にあわない | Main | 朝鮮学校無償化 識者ら「実質的な経済支援」 »

August 17, 2010

中国が年内にも初の空母建造着手 国防費は12兆8000億円 米国防総省が年次報告書

 産経新聞のページに、「中国が年内にも初の空母建造着手 国防費は12兆8000億円 米国防総省が年次報告書」という記事がある。中国は先日、沖縄、台湾、フィリピンを結ぶ「第1列島線」に沿った米軍による海上包囲網を突破する考えを明確にしたばかり。空母建設も以前から言われていたが、現実になりそうだ。

 中国の動きは日本の生命線を脅かす危険な状況なのだが、産経新聞以外のマスコミは無視している。政府さえもだ。民衆党政権は選挙に勝つことが第一で、国民を守る積りなど毛頭ないようだ。このような状況で、民主党が政権にあるのは日本にとって非常に不幸だ。

 朝日新聞や広島市などもそうだが、「核なき世界」などと呑気な事を言っている場合ではない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 【ワシントン=佐々木類】米国防総省は16日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。報告書は、中国軍が今年中に、初めてとなる国産空母の建造に着手する可能性があると指摘。また、海軍が小笠原諸島と米領グアムを結ぶ第2列島線を越える西太平洋まで作戦行動を拡大する恐れがあるとしている。

 報告書は、中国がここ10年間で軍事力を近代化し、これを使って外交的に優位に立つ選択肢を増やすとともに、自国に有利な形で懸案を解決することができるようになった、と強調。その上で、中国は空母の開発を進めており、今年中に建造が始まる可能性があると指摘した。

 中国軍はまた、2009年12月までに1050から1150基の短距離弾道ミサイルを台湾海峡の沿岸に配備。中距離弾道ミサイルを改造した対艦弾道ミサイルを開発中で、西太平洋の空母を含む艦船を攻撃する能力を持つとした。

 報告書はさらに、中国軍が空中給油能力を備えることで、南シナ海での空軍の作戦が可能になり、駆逐艦や潜水艦の配備で第2列島線を越えた海上の作戦も行えるようになると強調した。

 南部の海南島に建設している弾道ミサイル搭載可能な原子力潜水艦の基地については、地下施設など「重要部分は完成した」とし、南シナ海での隠密活動が可能だと述べている。

 2009年の実際の国防関連費は1500億ドル(約12兆8千億円)以上に上ると推計し、中国政府の発表額のほぼ2倍に当たるとしている。中国政府は同年の国防予算を約4728億元(約6兆9千億円)と発表していることから、報告書は「依然として透明性が欠如している」と批判している。

 中国軍は同時に、前方展開能力の向上を続け、中国はアジア広域で軍事作戦を展開する能力を持つ可能性があるとした。核兵器については、核不使用政策に不透明さが残るとした。

 報告書は今年3月に発表する予定だったが、延期され続けたため、野党・共和党は中国への配慮があるのではないかと批判していた。
 ↑ここまで

« 党首選のあり方―政権交代時代にあわない | Main | 朝鮮学校無償化 識者ら「実質的な経済支援」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49174673

Listed below are links to weblogs that reference 中国が年内にも初の空母建造着手 国防費は12兆8000億円 米国防総省が年次報告書:

« 党首選のあり方―政権交代時代にあわない | Main | 朝鮮学校無償化 識者ら「実質的な経済支援」 »