September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 偽装結婚容疑で阪大生逮捕 中国籍の女も | Main | 終戦から65年 「壊れゆく国」正す覚悟を »

August 14, 2010

岡田外相発言に北朝鮮さっそくお詫び要求 「談話」朝鮮半島全体に及ぶ

 やまと新聞のページに、「岡田外相発言に北朝鮮さっそくお詫び要求 『談話』朝鮮半島全体に及ぶ」という記事がある。民主党の売国政策を日本人は知るべきであり、こんな政党を与党にしておいたら日本に未来はない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
岡田克也外相は菅談話について「その趣旨は朝鮮半島全体に及ぶ」と述べた。これは「痛切な反省と心からのおわび」を北朝鮮にも示したことになる。今後菅談話以上に外交上問題を残す発言だ。早速、この発言を受けて、北朝鮮の宋朝日国交正常化担当大臣は平壌での会見で「日韓併合100年」に際しての菅談話について「謝罪すべき内容が織り込まれておらず、すべての朝鮮人に失望間を与えた」として強い不満を表明したと産経新聞が伝えている。多くの国民が当然に予測していたことであり、岡田外相も十分わかっていたはずである。当然何らかの対策が用意されていて、外交上岡田発言が問題になることはないと願いたい。

「菅談話」や「朝鮮学校の無償化」は民主党総裁選挙で在日韓国人に菅直人へ投票させるためのものではないか。だとしたら現内閣は、私利私欲のために国を売り、我々の血税を朝鮮人に合法的に与える方法を作ってしまったのである
9月14日投票の民主党代表選挙では在日外国人を含む党員・サポーターが全員投票できる。民主党が野党の時代は野党代表を選出するにすぎなかった、しかし民主党代表=内閣総理大臣である今、日本の総理大臣を外国人が選ぶことは問題があると言わざるを得ない。内閣総理大臣を外国人に選ばせることは外国人参政権に他ならず、憲法違反の疑いもある
党の綱領を持たない民主党は、選挙に当選することを目的とした選挙互助会であり、当選する為には外国人に媚を売り、ねつ造された歴史を認め、北朝鮮に新たな外交カードを渡し、総理大臣を選ぶ権利を与えようとも当選さえすれば良いのである。当選後は次の選挙で当選することを目指すのが民主党議員の正しいあり方と言える。
政治資金規正法で外国人による政党への寄付は禁じられているが、民主党党員は年間6千円を支払っている、これは寄付ではないという考え方に基づいているが、民主党規約では党員資格要件を「18歳以上の個人(在外邦人および在日の外国人を含む)」と明記している
このような政党に日本の将来を任せておいて良いのか。国民は早くそのことに気付き、命をかけて日本を守ろうと活動する政治家を選ぶべきだ。これは我々国民の責任である。
 ↑ここまで

« 偽装結婚容疑で阪大生逮捕 中国籍の女も | Main | 終戦から65年 「壊れゆく国」正す覚悟を »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49146226

Listed below are links to weblogs that reference 岡田外相発言に北朝鮮さっそくお詫び要求 「談話」朝鮮半島全体に及ぶ:

« 偽装結婚容疑で阪大生逮捕 中国籍の女も | Main | 終戦から65年 「壊れゆく国」正す覚悟を »