September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「多大な損害と苦痛」に「痛切な反省と心からのおわび」 日韓併合の首相談話を閣議決定 | Main | 日韓談話「韓国大統領が大変評価した」 日本人の評価はどうでもいいのか! »

August 10, 2010

日韓併合首相談話全文

 産経新聞のページに、「日韓併合首相談話全文」が載っている。突っ込みどころ満載の内容だ。このようなデタラメな談話を海外、特に韓国に向けて発表することは、韓国に対して誤ったメッセージを送ることになるだけでなく、日本と日本人を貶めることになる。このような暴挙を断じて許してはいけない。

 全文は次の通り。括弧内にわしの意見を書く。

 ↓ここから
 本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

(「植民地支配」とあるのは間違い。委任統治である。「三・一独立運動」ではなく三・一暴動であり、統治を委任されている以上、鎮圧するのは当然の責務である。またこの後、日本の統治方針も和らぎ、韓国が一気に近代化することになる。「意に反して行われた植民地支配」ではなく、韓国最大の政治組織であった一進会が望んだことである。「国と文化を奪われ」とあるが、前者は委任統治であるから間違い。後者は正反対で、逆に文化を保護すしたのである。2年前に韓国人の放火で焼失した南大門は、日本統治時代に、日本が崩壊しかかった南大門を修復したのである。また学校を作りハングルを教えて広めたのは日本人である。「民族の誇りを深く傷付けられました」というのは、日本が戦争に負けてから言いはじめたこと。当時は朝鮮半島で日本兵になるために志願兵が殺到していた。民族の誇りなど元々無く、事大主義があっただけである。)

 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

(「歴史に対して誠実に向き合いたい」というのであれば、事実を正確に理解するのが初歩中の初歩だが、全くできていない。「歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたい」という言葉は、韓国人に向けて言うべき言葉だろう。李氏朝鮮時代は国家としての体をなしていなかった。だから朝鮮は清(支那)についたり、日本についたり、ロシアについたりしたのだ。その結果として日清、日露戦争が起こっている。「痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです」。在日朝鮮人が戦後日本各地で暴虐の限りを尽くしたことは、韓国人はもちろんのこと、日本人も忘れているのだろうか。ベトナム戦争に参戦した韓国軍は、婦女子を平気で殺したり強姦したことを、忘れているのだろう。自分たちの行った悪行は忘れ、日本に対してだけ、歴史を捏造してまで謝罪や賠償を求めるのは間違っているし、それに加担する反日極左政党の民主党も間違っている。)

 このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

(「これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます」というのは、これから百年もの間、日本は韓国に謝罪し続けるという事か。とんでもない話だ。日本が謝罪しないと出来ない外交など、未来志向でも何でもない。自虐志向である。「朝鮮半島由来の貴重な図書について、~お渡ししたいと思います」というのは間違っている。日韓基本条約により、いわゆる「賠償」問題は決着が着いている。文化財返却は条約を無視している。無視しても構わないのであれば、日本が終戦時に朝鮮半島に残してきた財産の返却を求めても構わないことになる。国際法で認められているのだから。韓国はそれでもいいのか。未来永劫対立関係が続くことになる。これが「未来志向」というのだから臍が茶を沸かす。)

 日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

(「二千年来の活発な文化の交流や人の往来」というが、最近の研究では、古代の朝鮮半島よりも日本の方が技術や文化が進んでいたという。だから朝鮮半島にもないような巨大建造物や奈良の大仏などを日本で作ることができたのである。米作もかつては朝鮮半島経由で伝わったといわれていたが、DNA調査で中国南部から伝わったことが明らかになっている。また、朝鮮通信使は、日本に対する朝貢であり、日本人にとっては田舎国から来た見世物でもあった。「世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています」というのは大嘘だ。何ら共有していない。あえて言うなら、韓国が日本の文化をパクって真似ているという事だ。「両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております」というのも嘘。世論調査では、韓国に対して好感を持つ日本人は少数派だ。「その結び付きは極めて強固なものとなっています」というが、竹島問題はどこに行ったのか。領土を奪われた相手国となぜ結びつきが極めて強固になるのか。馬鹿も休み休み言え。)

 日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

(どこがパートナーか。日本の文化や技術を盗み、日本人の振りをして海外で商品を売る韓国人。悪いことをしたら日本人の振りをする韓国人。もっと言うと世界中から嫌われている韓国人。こんな劣等民族にリーダーシップなど発揮されたら困る。「東アジア共同体の構築」というのは支那の属国になるというのと同じ意味だ。どうしたら独裁国と共同体が構築できるのか。民主党の独裁的な性質なら、一緒になれるのかもしれないが、そのときは日本の民主主義は消えてなくなる。)

 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。

(別に日韓併合100年が「大きな歴史の節目」でも何でもないだろう。日本では左翼が騒いでいるだけだ。わしは、韓国が竹島を日本に返すまでは日韓が国交を断絶することを強く希求するとともに、在日の特別永住許可を取り消し、全員を朝鮮半島に送還することのために、不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。)
 ↑ここまで

« 「多大な損害と苦痛」に「痛切な反省と心からのおわび」 日韓併合の首相談話を閣議決定 | Main | 日韓談話「韓国大統領が大変評価した」 日本人の評価はどうでもいいのか! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49114888

Listed below are links to weblogs that reference 日韓併合首相談話全文:

« 「多大な損害と苦痛」に「痛切な反省と心からのおわび」 日韓併合の首相談話を閣議決定 | Main | 日韓談話「韓国大統領が大変評価した」 日本人の評価はどうでもいいのか! »