September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日韓併合100年 いまさらなぜ首相談話か | Main | 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 »

August 05, 2010

3D映画見て体調不良訴え 国民生活センターに相談5件

 朝日新聞のページに、「3D映画見て体調不良訴え 国民生活センターに相談5件」という記事がある。記事では40代の女性の体調不良について書かれているが、いい大人が3D映画を観るかどうかなど事前に判断できるだろう。具合が悪かったら途中で3Dメガネを外すとか映画を観るのを止めることもできたはずだ。

 それを国民生活センターに相談するのは責任を転嫁しているようで嫌らしく思う。馬鹿じゃないか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 映像が立体的に見える3D(3次元)の映画を劇場で見た人から、頭痛や乗り物酔いのような体調不良を訴える相談が今年に入って5件あったと、国民生活センターが4日発表した。同センターは映画制作会社や劇場などでつくる映画産業団体連合会に対策を要望。映団連は来週にも関係者で会議を開き、「チケット購入前に、体調不良を起こす可能性などについて、注意喚起の表示をする方向で検討したい」としている。

 同センターによると相談では、頭痛や眼精疲労、乗り物酔いのような症状を訴えるケースが目立った。中学1年の娘と3D映画を見た神奈川県内の40代の女性からは、「自分は眼精疲労と頭痛に悩まされ、娘は一昼夜たっても乗り物酔いのような症状が続いた」と相談があったという。

 同センターは「人によっては体調不良を起こす可能性があることを知ったうえで、見るかどうかを判断してほしい」と利用者にも注意を促している。

 映団連によると、全国に約3400あるスクリーンのうち、3D対応は約400(5月末現在)。昨年末の約250から半年弱で1.6倍になっている。(沼田千賀子)
 ↑ここまで

« 日韓併合100年 いまさらなぜ首相談話か | Main | 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49066189

Listed below are links to weblogs that reference 3D映画見て体調不良訴え 国民生活センターに相談5件:

« 日韓併合100年 いまさらなぜ首相談話か | Main | 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 »