September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 【日韓併合首相談話】立ち上がれ・平沼氏が抗議声明「世論の反対無視」 | Main | 「『在特会』初摘発、4人を逮捕」 とんでもないことだ。逮捕する相手を間違えている! »

August 10, 2010

【日韓併合首相談話】閣僚懇でも異論「相談あってしかるべきだった」 評価割れる

 産経新聞のページに、「【日韓併合首相談話】閣僚懇でも異論『相談あってしかるべきだった』 評価割れる」という記事がある。閣僚内にも異論があるのなら、閣内不一致だ。談話を出すべきではなかっただろう。こういうところが左翼的で独裁的な点である。日本国民は菅や談話を止められなかった民主党内閣の暴挙を決して許してはいけない。

 正に極左反日政権である。民主党の党首選までやり放題か。内政や普天間は放ったらかしのくせに。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 日韓併合100年にあわせ、10日に閣議決定された菅直人首相談話に関しては、閣僚間でも評価が分かれた。歴史認識をめぐる“閣内不一致”を懸念してか、仙谷由人官房長官は談話決定にあたり各閣僚に「個々の意見はあまり言わないように」とクギを刺した

 玄葉光一郎行政刷新担当相(民主党政調会長)は閣僚懇談会で、「与党、民主党の中にはさまざまな意見がある。早い段階でより詳細な相談が(党側に)あってしかるべきではなかったか。すべての段取りができあがって、固まってこういうふうに言われても、大きな変更はできない」と述べ、政府側の拙速な対応に不満を表明した。

 玄葉氏はその後の記者会見でも、「(談話に)積極的かそうでないかと聞かれれば、積極的ではない」と述べた。

 野田佳彦財務相も「(談話に対する)私なりの意見は、仙谷氏に電話で、あるいは直接お会いして伝えている」と述べ、不満があったことをにじませた。

 原口一博総務相は、今回の談話について「国際法上、新たな義務を日本に課すものではない」と指摘した上で、「もしそこを一歩でも踏み出しているのであれば、私は体を張ってそれを阻止しなければと考えていた」と述べた。

 一方、前原誠司国土交通相は「『100年に一度』は今年しかない。菅首相がイニシアチブを発揮し、このような談話をまとめたことは、時宜にかなってよかったと思う」と評価。北沢俊美防衛相も「未来志向という観点で、よく練られた談話だ」と述べた
 ↑ここまで

« 【日韓併合首相談話】立ち上がれ・平沼氏が抗議声明「世論の反対無視」 | Main | 「『在特会』初摘発、4人を逮捕」 とんでもないことだ。逮捕する相手を間違えている! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49115126

Listed below are links to weblogs that reference 【日韓併合首相談話】閣僚懇でも異論「相談あってしかるべきだった」 評価割れる:

« 【日韓併合首相談話】立ち上がれ・平沼氏が抗議声明「世論の反対無視」 | Main | 「『在特会』初摘発、4人を逮捕」 とんでもないことだ。逮捕する相手を間違えている! »