September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 在特会が日韓併合100周年記念・国民大集会 | Main | JR南草津駅で事故、東海道線一時運転見合わせ »

August 23, 2010

実質的な外国人参政権を川崎市が認める 常設型の住民投票条例

 やまと新聞のページに、「実質的な外国人参政権を川崎市が認める 常設型の住民投票条例」という記事がある。これは大問題である。全国紙が一面で報道してもいい程だ。とんでもない事態である。このような動きが他の地方自治体でも起きるかもしれない。明らかに憲法違反である。日本国民でなければ政治に関与させてはいけない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
川崎市議会は永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案を賛成多数で可決していたが、19日の市議会本会議で可決し成立した。

この投票資格は「永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民」とされている。在日韓国人2世で外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長のぺ・チュンドさん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した(共同通信)

川崎市で投票資格を持つ外国人は約1万9000人。

これは阿部孝夫市長の公約。阿部孝夫市長は2009年に連合の推薦を受けて三選。

「永住外国人地方参政権付与」とは異なり国会での審議ではなく、市議会で決められる常設型住民投票条例を利用して、実質的な外国人参政権を認めてしまったことで、他の市議会にも民団らが組織的な圧力をかけてくることも考えられる

川崎市「ふれあい館」では「ふれあい館とは、日本人と在日外国人が、市民としてこどもからお年寄りまで、相互のふれあい交流をすすめるための場所です。相互理解は互いの歴史・文化などの理解から始まります 」とし「コリアンな街プロジェクト」を推進。2010年度ふれあい館人権尊重学級では「戦後の混乱期に厳しい差別にさらされた」などとしている。

また、今回川崎市で成立したものと同様な永住外国人に投票資格を与える条例は 愛知県高浜市、埼玉県美里町、広島県広島市、岡山県哲西町、茨城県総和町、香川県三野町、石川県宝達志水市、千葉県我孫子市、広島県大竹市、埼玉県鳩山町、北海道増毛町、北海道静内町、北海道三石町、三重県名張市、東京都三鷹市などで成立している(*注:市町村合併などで廃止となったものも含む)
 ↑ここまで

« 在特会が日韓併合100周年記念・国民大集会 | Main | JR南草津駅で事故、東海道線一時運転見合わせ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49233165

Listed below are links to weblogs that reference 実質的な外国人参政権を川崎市が認める 常設型の住民投票条例:

« 在特会が日韓併合100周年記念・国民大集会 | Main | JR南草津駅で事故、東海道線一時運転見合わせ »