September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 8月11日の投票(アンケート) | Main | ビートルズの「赤盤」、「青盤」のリマスター版が発売される »

August 11, 2010

日韓併合談話についての各紙社説 信用できるのは産経新聞だけ

 8月11日の各紙朝刊に、日韓併合談話についての社説が載った。見出しを列挙する。

 産経新聞: 日韓併合100年 「自虐」談話は歴史歪める
 読売新聞: 日韓併合談話 未来志向の両国関係に弾みを
 毎日新聞: 併合100年談話 未来へ向け日韓の礎に
 朝日新聞: 併合100年談話―新しい日韓協働の礎に

 見出しを見るだけでもわかるが、もはや信用できるのは産経新聞の社説だけである。他紙は韓国の歴史捏造について一切触れていない。

 また、毎日と朝日は示し合わせたようによく似た見出しになっている。しかし、読売、毎日、朝日の順に、偏向度合いが強くなっている。朝日は最低だ。

 各紙の社説から抜粋して意見を書く。


 産経新聞

 「与野党で異論が相次ぐ中、日韓併合100年に合わせた菅直人首相談話が閣議決定された。談話発表が強行されたことは、極めて遺憾である」

 与党内どころか閣内でも異論があるにもかかわらず、強引に出された談話である。強引なところは村山談話などと共通している。

 「菅首相談話の最大の問題点は、一方的な歴史認識である」

 日本が日韓併合で謝罪する必要など一切無いのに、自虐的な歴史観を持つ仙谷が菅を誘導して談話を出させたのだ。

 「日本の「植民地支配と侵略」を謝罪した平成7年の村山富市首相談話を踏襲したように見えるが、それ以上に踏み込んだ内容だ。菅談話は明治以降の日本の先人たちの努力をほぼ全否定し、韓国の立場だけを述べている。どこの国の首相か疑ってしまう」

 菅は、韓国大統領に喜んでもらえたといっているが、多くの日本国民から反感を買っていることがわかっていない。日本や日本人よりも韓国や韓国人の方が大切なのだ。どこが「国民の生活が第一」なのか説明してもらいたい。

 「35年間に及ぶ日本の朝鮮統治には、反省すべき点もあるが、鉄道建設や教育の普及など近代化に果たした役割は大きい。朝鮮名を日本式の姓名に変える創氏改名や日本語教育も行ったが、それらは強制されたものではない」

 産経の書く上記のような事実を無視した謝罪談話は、韓国人を喜ばせるだけで、逆に日本を貶めるものである。

 「談話は、日本に保管されている『朝鮮王室儀軌(ぎき)』などの古文書の返還に加え、在サハリン韓国人支援などの人道的協力を「今後とも誠実に実施」するとしている」

 日韓基本条約で解決済の問題を蒸し返すな。

 「しかし、『日本が強制連行し、置き去りにした』とされ、韓国への永住帰国者のアパート建設費や一時帰国する人の往復旅費、サハリンに残る人のための文化センター建設費など70億円近い支援を日本政府が負担させられてきた」

 強制連行したのはソ連であるにもかかわらず、日本が費用を負担してきたのだ。日本が払う必要のない金だ。感謝すべきではないのか。

 「まだ、日本の補償が必要というのだろうか。日韓基本条約で日本は無償供与3億ドルと政府借款2億ドルの経済協力を約束し、双方の請求権は『完全かつ最終的に解決された』と明記されている」

 計5億ドルもの支出も日本が出す必要の無い金であった。それを社会資本に投資して、韓国は高度成長を遂げたのである。個人補償をしなかったのは韓国政府の判断である。

 「仙谷氏は先月、新たな個人補償を検討する考えも示している。菅談話をたてに、韓国側が対日補償請求を蒸し返してくる可能性がある。際限のない補償は日韓基本条約に反し、許されない」

 日本から金をゆすりたかる韓国である。韓国紙ではこの談話でも「不十分」だと言っている。賠償がないことと、韓国併合が違法と認めていないから、というのである。韓国人の欲深さはひどすぎる。謝罪すればするほど、つけ上がるだけで、日韓友好など実現できないのである。

 「村山談話も事前に閣僚らへの詳しい説明がなく、唐突に閣議決定された。自民党を中心に、秋の臨時国会などで、菅談話や村山談話の作成から閣議決定に至る過程について徹底追及すべきだ」

 正に日本国民を無視した談話であり、このような菅・民主党の暴挙を許してはいけない。


 読売新聞

 「三・一独立運動にも言及し、韓国の人々は『その意に反して行われた植民地支配』により『民族の誇りを深く傷付けられ』たと、踏み込んだ表現も盛り込まれた」

 それに対して読売は何とも言わない。すなわち肯定しているのだ。日韓併合は、韓国側の要望もあり実現した。韓国で最大の政治結社であった一進会が、日韓併合を希望していた。確かに滅亡寸前の清やロシアに支配されるよりは良い結果になったはずだ。

 「補償問題には一切触れられておらず、この問題を決着済みとする従来の政府の立場に変更はない。当然のことだ。その上で、未来志向の日韓関係の構築を強調するなど、妥当な内容と言えよう」

 どこが妥当か。日本が歴史問題でこれからも謝罪し続けないといけない「友好関係」などあり得ない。読売はいつから左翼寄りになったのか。これも渡邉の意向なのだろう。

 「植民地時代に朝鮮から日本に渡った文化財は、確認されただけでも約6万点に上る」

 それがどうした。返却すべきものは既に返却し、後は日韓基本条約でけりがついている。返却など不要だ。もし返却するのであれば、韓国に保管費用を払わせるべきだ。どうせ韓国にあっても文化を軽視している国だから散逸しているか、朝鮮戦争で焼失しているかのどちらかだ。

 「日本側に引き渡す義務はないが、韓国側から要望のあった文化財を譲渡することで、和解を進める狙いがあると見られる。首相談話を契機にして、経済、文化、人的交流などを含め、今後の日韓関係に弾みをつけることが肝要だ」

 韓国を甘やかすとつけ上がるだけだ。文化財を渡したら間違いなく次は個人補償を要求してくる。このような状態で、日韓関係に弾みがつくとは到底思えない。日本だけが損をしているからである。それでなくても、韓国は日本の技術や文化を盗みまくっているのだ。そして韓国起源であるといって憚らない。とんでもない劣等民族なのである。日本人と同じレベルと思っていると痛い目に遭う。


 毎日新聞

 「昨年政権交代を果たした民主党にとっては政権政党として初めて迎えた8月だ。そして、100年前のこの時期に併合条約が締結・公布され日本による植民地支配が始まった。談話は、その節目にあたり新政権として意思表明を行ったものとして意義がある。前向きに受け止めたい」

 どうせ短命政権になる菅内閣が、何らかの実績を残したかったのであろう。しかしそのために、日本や日本人を貶め、外交的に日本を不利な立場に追い込み、国益を失わせるのはいかがなものか。普通の日本人なら前向きになど受け止められない。

 「また、談話発表にあたっては民主党や自民党の一部から反対・慎重論が出た。戦後補償問題の再燃を懸念してのものだ。しかし、談話は補償問題につながるような記述は避けた。現実的な対応として理解できる」

 しかし、毎日新聞でさえ、補償問題につながらないのが現実的な対応であると書いている。その点だけは評価できる。


 朝日新聞

 「首相談話として初めて、植民地支配について『政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々の意に反して行われた』と位置づけた。『民族の誇りを深く傷付けられた』とも述べ、韓国民の心情に思いを寄せた。共感できる認識だ。私たちも重く受け止めたい」

 どこが共感できるのか。朝日新聞は一体どこの国の新聞なのか。韓国の立場に立って一方的に出された談話である。普通の日本人なら反感を持つはずであり、共感など到底できない。歴史認識が誤っているというか、韓国によって捏造された歴史に基づいた談話であるからだ。

 「植民地支配を正面から取り上げて「深く陳謝したい」と語った1993年の細川護熙首相発言に始まり、戦後50年の村山富市首相、同じく60年の小泉純一郎首相の両談話と続いた流れに沿った内容ではある。それでも、併合100年という節目に焦点を当て、国家指導者が歴史認識を語り、将来に向けた期待と方針をあらためて示したことには大きな意味がある。和解と信頼獲得にもつながってほしい」

 日韓関係に禍根を残す談話を最初に出したのは、自民党が下野した細川内閣であったことは覚えておいた方がいい。自社政権での社会党の首相が出した村山談話もだ。このような捏造された歴史に基づき、日本を貶めるような談話で、和解ができるか。韓国をつけ上がらせるだけだ。また、日本が韓国に信頼されていないのではなく、韓国から見下されているのだ。それがわからないか。このような談話は韓国人の自尊心をくすぐるだけで日本にとって害悪でしかない。

 「だが、自民党など野党だけでなく与党民主党内にも、談話発表に反対や慎重論があった。『決着済みの補償問題を蒸し返す』などという批判だ。保守系の議員グループは『国民や歴史に対する重大な背信だ』とする声明まで出していた。浅く、また見当違いの見方ではないか」

 日韓基本条約で補償問題は決着済みであるし、日韓併合を日本による「植民地支配」とみるのは間違っている。日本が韓国を統治したのであり、多額の資金を投資している。それが朝鮮半島の近代化につながっている。また日本統治時代に人口が2倍に増えている。数百年続いた李氏朝鮮時代には人口は停滞していたというのに。日本統治の良い面を一切無視している朝日新聞の見方こそ、浅く、見当違いなのである。

 「これまで、首相談話を出しても、自民党や閣僚の中から、それを否定するような発言が出て、日本の真意はどちらかと、外から不信のまなざしを向けられることが繰り返された。もう、そんなことに終止符を打つべきだ」

 終止符を打つというなら、このような馬鹿げた談話を金輪際出さないことと、これまでの談話を正式に否定することが必要だ。朝日は未来永劫韓国に謝罪し賠償し続けろと言っているようなものだ。到底許せない。読んでいて腹が立ってくる社説である。

 「そのためには、談話だけでなく、誠実な行動を積み重ねることが大切になる。その点で今回、日本政府が保管する朝鮮王朝の文書を韓国に渡すようにしたのは良いことだ」

 日韓基本条約を無視することを良いことというのか。非常識極まりない。朝日新聞は公器として恥ずかしいと思え。

 「両国は歴史や領土問題をめぐって、わだかまりをまだ抱えている。そんな問題をうまく管理し、和解と協働の新たな100年へ、この首相談話を礎石にしたい」

 歴史も領土問題も韓国に起因している。特に後者は、日本が占領されている最中に韓国が李承晩ラインを引いて強奪したものだ。火事場泥棒である。それを「わだかまり」という一言で片付ける朝日新聞は、売国新聞であるといえる。かつて「竹島を韓国に譲ったらと夢想する」と書いた新聞である。全うな日本人は購読すべきではない。

« 8月11日の投票(アンケート) | Main | ビートルズの「赤盤」、「青盤」のリマスター版が発売される »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49124397

Listed below are links to weblogs that reference 日韓併合談話についての各紙社説 信用できるのは産経新聞だけ:

« 8月11日の投票(アンケート) | Main | ビートルズの「赤盤」、「青盤」のリマスター版が発売される »