September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« マンション2児死亡 責任の一端は民主党にあり! | Main | 衆院予算委員会についての各紙社説 »

August 03, 2010

社会保険庁「99円で問題なし

 Blog「日本の底力」さんに、「社保庁「99円で問題なしw」訴訟の朝鮮人挺身隊に『妥当判断』wwで韓国ファビョン!」という投稿がある。

 なぜ韓国人はゴネただけで日本から金がもらえるのか。たとえ99円でも納得できない話だ。この韓国人は、勤労挺身隊として日本に強制徴用されたと言っているが、当時の朝鮮半島は日本が統治していたのだから、重用されても当たり前だ。いや、むしろ日本人より優遇されていた。

 日本人は赤紙1枚で徴兵されていたが、朝鮮人は徴用で済んでいる。また朝鮮半島の防衛は朝鮮人からの税金ではなく、日本人からの税金で賄われていた。

 にもかかわらず今更何の積りの訴訟か。99円で不満だらけのようだが、日本人から見たら1円も支給する必要はないのだ。朝鮮人のゴネ得を許してはいけない。民度が低いから、甘やかしたらつけ上がるだけだ。

 そもそも終戦から何年経っていると思っているのか。時効で請求却下。それで済むはずだ。

 投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
▼社会保険庁「99円で問題なし」 → 韓国

「ひざまずいて謝罪しても足りない日本政府が

また!」(サーチナ)

社会保険庁「99円で問題なし」、再審請求の棄却に韓国で反発の声

日本社会保険庁が元勤労挺身隊の韓国人女性と遺族7人に厚生年金脱退手当として99円を支給した問題で、愛知社会保険事務所は7月27日に再審請求を棄却した。複数の韓国メディアが報じ、反発の声が上がっている。

戦時中に勤労挺身隊として日本に強制徴用された元挺身隊女性と遺族8人は、1998年に厚生年金脱退手当を請求する訴訟を起こした。これについて、日本社会保険庁は09年12月、厚生年金脱退手当として一人当たり99円を支給する決定を下した。

元挺身隊女性と遺族らは「奴隷扱いだ」と反発。元挺身隊女性を支援する日本の市民団体「名古屋三菱朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」と「名古屋三菱 朝鮮女子勤労挺身隊訴訟弁護団」の協力を得て、1月に異議申し立てを行った。しかし、愛知社会保険事務所は「99円の支給に問題はない」とし、再審請求を 棄却した。
厚生年金脱退手当として、99円の支給は妥当だとの判断だ。

韓国メディアは、「日本で強制労働に苦しめられ、賠償はおろかまともな謝罪さえ受けられずにいる犠牲者たちを再度傷つける決定だ」、「ひざまずいて謝罪しても足りない日本政府が、また被害者たちを翻弄(ほんろう)した」などと非難を強めた。

挺身隊被害者を支援する韓国の市民団体「勤労挺身隊のおばあさんとともにする市民の会」の関係者は、「三菱グループが強制徴用に対する謝罪と補償について協議に応じるとしている中、日本政府のこのような二面的な態度は理解に苦しむ」と、怒りの声を爆発させた。

市民の会は、2日にソウルにある駐韓日本大使館の前で社会保険庁の棄却決定に抗議する記者会見を開くと発表。
記者会見では「棄却決定は被害者を翻弄(ほんろう)するものだ」との内容を盛り込んだ声明を発表するという。
(編集担当:金志秀)


4:名無しさん@十一周年:2010/08/02(月) 16:13:05 ID:JYUuxQ6S0

ゴネるだけでで99円ももらえるのかよ!

つづくw 


ワロタ。wwww

お前らこんな感じでいきり立ってるのかw

今なお続く日帝の強制連衡とその被害者たちの嗚咽(Ftkst)


社保庁が99円しか払わないのは理由があるからだ。

何もせず必要以上に被害者ぶって

日本人から金とれると思うなよ糞野郎!!w
 ↑ここまで

« マンション2児死亡 責任の一端は民主党にあり! | Main | 衆院予算委員会についての各紙社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49045260

Listed below are links to weblogs that reference 社会保険庁「99円で問題なし:

« マンション2児死亡 責任の一端は民主党にあり! | Main | 衆院予算委員会についての各紙社説 »