September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 教育政策 信頼できる先生を育てるには | Main | 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 »

July 07, 2010

小沢「上申書」提出の波紋“政治とカネ”の再燃を警戒

 やまと新聞のページに、「小沢『上申書』提出の波紋“政治とカネ”の再燃を警戒」という記事がある。選挙前に民主党の「政治とカネ」が再度注目されるのは結構なことだ。小沢にしろ鳩山にしろ、何ら説明をしていない。本来なら国会に喚問すべきなのだが、民主党はする積りがない。少なくとも自民党は政治とカネの疑惑が生じるたびにそうしてきた。民主党には自浄能力がないのだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の小沢一郎前幹事長(68)が5日、資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件への関与を否定する上申書を検察審査会(検審)に提出したことに、与党内から不満が噴出している。参院選の終盤、「政治とカネ」の問題が再燃することを警戒したものだ。さすがの剛腕政治家も、「強制起訴の恐怖におじけづいている」(自民党筋)のか。

 「選挙が終わってからやれと言いたい。切羽詰まると自分のことしか考えられないのか」。小沢氏と距離を置く民主党中堅議員は、小沢氏の上申書提出の知らせを聞き、こう言い放った

 国民新党の下地幹郎幹事長も「1議席、2議席を争っている今の時期にこういう話が出てくるのは、いいかどうか分からない」と困惑した。

 一般国民11人で構成される検審は今年4月、小沢氏と政治資金規正法違反罪で起訴された元秘書3人との共謀を全員一致で認定し、「起訴相当」と議決した。検審が近く予定される再議決で、再び「起訴すべき」と議決した場合、小沢氏は「強制起訴」され、法廷の場に引きずり出される。

 まさに、政治生命の危機といえる。

 このため、参院選の最中(5日)に提出された上申書は、検審が4月の議決で「小沢氏と元秘書との共謀が成立する」とした法的根拠などについて反論しているが、これが菅直人首相(63)の「消費税10%」発言に加え、新たな民主党攻撃の材料となりそうなのだ

 自民党の大島理森幹事長(63)は「中立、公正に審査すべき検察審査会に影響(=圧力)を与えかねないような行為は、いかがなものか。政治的意図があるのかと首をかしげざるをえない」と表明。

 公明党の斉藤鉄夫政調会長(58)も「(国会の政治倫理審査会などで)国民に説明する努力をせず、自分の身分にかかわることに一生懸命では国民に理解されない」と批判した。

 そもそも、小沢氏と検審をめぐっては、5月30日、小沢氏に近い民主党副幹事長の辻恵衆院議員(62)が検審側に対し、一般的な審査手続きについて説明を求め、断られていたことが表面化。野党側から「政治介入ではないか」との声が上がっていた
 ↑ここまで

« 教育政策 信頼できる先生を育てるには | Main | 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48820687

Listed below are links to weblogs that reference 小沢「上申書」提出の波紋“政治とカネ”の再燃を警戒:

« 教育政策 信頼できる先生を育てるには | Main | 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 »