September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 1年ぶりの死刑 法執行は粛々とすべきだ | Main | 死刑執行―市民に問いかける罪と罰 »

July 30, 2010

民主党選挙総括 信失った根本原因が欠落

 産経新聞の30日のもう1本の社説は、「民主党選挙総括 信失った根本原因が欠落」である。民主党には全く自浄能力がないだけでなく、自省能力さえもないことが明らかになった。

 意図的に「消費税」のせいにして、本質を隠そうとしているのかもしれないが、国民はそこまで馬鹿ではない。民意を無視するのもいい加減に止めろ。民主党は独善的で独裁的な政党である。

 社説を引用する。

 ↓ここから
 民主党執行部が参院選大敗を総括する文書をまとめ、両院議員総会で発表した。

 菅直人首相の消費税増税をめぐる発言の唐突さや説明不足が有権者の強い反発を受け、大きな敗因になったと位置付けている

 だが、国民の信を失った根本原因の総括がすっかり抜け落ちている。小沢一郎前幹事長や鳩山由紀夫前首相の政治資金問題が、クリーンを掲げる民主党のイメージをどれだけおとしめたかに言及していないのだ。

 参院選で有権者の信頼を失ったことへの自覚と反省が不十分なままでは、総括に大きな意味を見いだすことは困難だろう。

 総括文書は、菅内閣発足直後に内閣支持率が回復した理由に関連し、政治とカネや米軍普天間飛行場移設問題をめぐる責任について「けじめをつけた」と、鳩山、小沢両氏の辞任を評価するような分析を加えているのは目を疑う

 普天間問題は辺野古移設案を日米合意で確認したが、沖縄側の強い反発から、首相が交代しても実現のメドは立っていない。

 政治とカネをめぐり、鳩山、小沢両氏はその後も説明責任を果たしておらず、小沢氏は検察審査会との関係でなお東京地検特捜部の事情聴取を求められる立場だ。

 菅首相は両院議員総会で「消費税をめぐる不用意な発言で、大変厳しい選挙を強いることになった」と陳謝し、続投する考えを示した。だが、このような総括案を提示すること自体、臭いものにフタをして開き直る党の体質を引きずったまま政権運営を行うことを意味している。続投する資格があるのか、厳しく問われよう

 両院議員総会で、出席者からは枝野幸男幹事長ら党執行部の引責や首相自身のけじめを求める厳しい意見が相次いだ。大敗を喫しても続投するという具体的な理由を、首相が明確に語らないことへの批判も出たのは当然だ

 党内からの批判は、首相の消費税発言が衆院選マニフェストの信頼性を損なうとの観点からのものが多かった。だが、マニフェストは鳩山前政権から菅政権にかけて、民主党政権がばらまき政策を多用してきた根幹であり、その見直し論が出ないことにも問題がある。政治とカネをめぐり政党としての自浄作用を求める議論が広がらないのも、党の体質が変わらないことを示している
 ↑ここまで

« 1年ぶりの死刑 法執行は粛々とすべきだ | Main | 死刑執行―市民に問いかける罪と罰 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/49014047

Listed below are links to weblogs that reference 民主党選挙総括 信失った根本原因が欠落:

« 1年ぶりの死刑 法執行は粛々とすべきだ | Main | 死刑執行―市民に問いかける罪と罰 »