September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 『民主党支持者』この救いようのない人々 | Main | 異常なタブロイド紙 「日刊ゲンダイ」 »

July 03, 2010

NHK迷走!?相撲雑誌の発売中止&発言“改ざん”も

 やまと新聞のページに、「NHK迷走!?相撲雑誌の発売中止&発言“改ざん”も」という記事がある。名古屋場所中継を「しないわけにはいかない」とした経営委員長の発言をホームページで「何も言えない」と“改ざん”していたという。

 改竄はNHKの得意技である。公共放送だからというだけで、内容も正しいと思ってはいけない。特に近代史関係の番組や報道では改竄が当たり前のようになってきている。JAPANデビューで一万人規模の訴訟を起こされたのも当然である。

 民主党はNHKを事業仕分けして潰すべきではないか。半ば強制的に受信料を取り立てる利権の塊だ。

 どうせ、名古屋場所も中継するのは間違いないだろう。開催する側の神経も疑う。日本相撲協会も解体して出直すべきだと思う。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 大相撲を中継するのか、しないのか-視聴者の注目を集めているNHKが、関連会社発行の専門誌「大相撲中継」の発売中止を決めた。野球賭博に関与した力士が誌面に出ていることが原因とみられ、1975年の創刊以来初の販売中止となる。一方で、名古屋場所中継を「しないわけにはいかない」とした経営委員長の発言を「何も言えない」と“改ざん”していたことが明らかになるなど、公共放送の迷走ぶりが際立っている

 発売中止となったのはNHKの関連会社、NHKサービスセンター発行の専門誌「大相撲中継」の名古屋場所展望号。野球賭博に関与した幕内・隠岐の海(24)のロングインタビューが掲載されていたのが、発売中止の大きな理由とみられる。すでに印刷が完了していた約3万5000冊はすべて処分される。

 雑誌は中止を決めたが、テレビ中継については依然として迷走中。NHKの小丸成洋経営委員長(60)は先月22日、会見で「国技なので中継しないわけにはいかないだろう。何らかの形でNHKがコメントしなければいけない」と述べたが、同28日にホームページで公表された会見要旨には「個別番組のことに対しては何も言えない。NHK執行部としてのコメントをすればよいのではないか」と“改ざん”されていた。

 名古屋場所中継の判断は「6日以降」(福地茂雄会長)だが、NHKは直前の5日午後8時から総合テレビで、野球賭博の検証番組「NHKスペシャル 大相撲はよみがえるのか」を放送する。検証番組の視聴率や反響を中継決定の判断材料とするのか、それとも検証番組放送を視聴者に対する“みそぎ”として、中継を強行するつもりなのか、その意図もよく分からない
 ↑ここまで

« 『民主党支持者』この救いようのない人々 | Main | 異常なタブロイド紙 「日刊ゲンダイ」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48789388

Listed below are links to weblogs that reference NHK迷走!?相撲雑誌の発売中止&発言“改ざん”も:

« 『民主党支持者』この救いようのない人々 | Main | 異常なタブロイド紙 「日刊ゲンダイ」 »