September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 | Main | 狂ったか?菅 MoMotarou »

July 07, 2010

民主党偏重応援の、異常なタブロイド紙2異常な夕刊タブロイド紙 日刊ゲンダイ

 Blog「博士の独り言」さんに、「異常なタブロイド紙2」という投稿がある。連日民主党に投票しようとか民主党優勢とかを書き、読者が民主党に投票するように誘導している。

 選挙結果は別にして、国会で取り上げるべき問題だと思う。こんな露骨に偏向したマスコミの存在を許していいのか。民主党か民団からカネを貰っているのか。在日が社員の上層部にいるのか。いろいろと考えられる。

 投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
民主党偏重応援の、夕刊タブロイド紙


自民、日刊ゲンダイの記事で中央選管に質問状

 自民党は6日、参院選公示後の夕刊紙「日刊ゲンダイ」(日刊現代発行)の記事や見出しが公職選挙法(法定外、脱法文書の領布禁止)違反の恐れがあるとして、大島理森幹事長名で中央選挙管理会の伊藤忠治委員長あてに質問状を提出した。日刊ゲンダイは公示後、「民主党への投票が最良の選択」(6月29日付)や「迷わずに民主党へ投票しよう」(7月3日付)などの見出しを付けて記事を掲載した。産経新聞(Web) 7月6日付記事より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞の同紙面、および「多士済々の民主党に投票しよう」と記す日刊ゲンダイ(7月5日付(7月3日発売)の1面)より参照のため引用
----------

民団「機関紙」と見紛う紙面

 先稿で、小ブログも日刊ゲンダイの民主党偏重紙面への疑問をあつかわせていただいた。同紙面への取材質問をなすと同時に、「当局」とやんわり表現していたが警察へも問合せをさせていただいた。先稿での記事中のやり取りは、すなわち警察関係者との会話である。警察からはかくなる反応をいただいたが、当の「日刊ゲンダイ」への問合せについては、編集から回答させる、としてその後の返信はない。いずれも、こちらから、住所、氏名をはじめ、詳細な個人情報を提示しての問合せであり、真剣勝負である。

 先年の毎日新聞に対する取材時も同様だったが、むしろ、自らの姓も名乗れない、おかしな日本語を話す相手に対しても、上記と同様に正面から問いを発し、取材したことは云うまでもない。

 余談になったが、表題の「自民、日刊ゲンダイの記事で中央選管に質問状」との一報(産経新聞)ついて、事実とすれば、ごく当然の経過ではないか。むしろ、他の野党からも質問状がなされて然りではないか、と筆者はこう思う次第である。「日刊ゲンダイ」の紙面は、不特定多数を対象とする“一般紙”というよりは、むしろ、民主党を支援する民団(在日大韓民国民団)などの機関紙の論調と見紛(みまご)うほど極端な民主党への偏重が明らかである
----------

「多士済々の民主党に投票しよう」

 表題には、「日刊ゲンダイは公示後、「民主党への投票が最良の選択」(6月29日付)や「迷わずに民主党へ投票しよう」(7月3日付)などの見出しを付けて記事を掲載した」、として、こうした記事は、「報道や評論」には当たらず、「民主党や同党公認候補者への投票を、端的に、直接的に、あからさまに求める表現で埋め尽くされている」と指摘」とある。同紙面にはその傾向が露骨で、控えめに指摘しても民主党への投票「誘導」。辛辣に観れば、民主党への恫喝的な投票依頼にさえ映る。産経紙が取り上げられている「7月3日付(同2日発売)」紙面の翌日のトップには、「多士済々の民主党に投票しよう」と明記。さらに、「今この国の有能政治家は全員民主党に集結している」とのサブタイトルを付している。

 何を以ってして「有能政治家」と記すのか。嘘とデタラメにかけては「有能」とでも謂うのか。それらの賊分が「民主党に集結している」と謂うか。この種のメンタリティは、ふと逆説的に揶揄してみれば実に「判りやすい」のだが。その珍妙な視点は、民団や朝鮮総連、日刊ゲンダイの独自の視点に他らないのではないか。さらに「同6日付(同5日発売)」には、「民主党は大勝し 悪政自民党は消滅へ」と。「同7日付(同6日発売」は「民主党の選挙有利が圧倒的印象」とややトーンダウンしていながらも、他党を罵倒し、特に、「有権者が肌で感じた新党の怪しさ」、として、今般の党首テレビ討論で質問、指摘をなした新党各党の代表をこきおろしている。いわゆる民主党の“独善”を煽(あお)り尽くす記事であり、こうした紙面が、駅やコンビニのスタンドに置かれ、買わずとも通りがかりの人目に目立つように“配置”されている点に問うべき問題がある。また、粛々たる質問に対し、ここまで偏重する理由を公正に述べるべきではないのか。


日刊ゲンダイ 7月6日付(同5日発売)の1面より
-------

■ 主な関連記事:

・異常なタブロイド紙 2010/07/02 
-----------

 表題の質問状には、「根拠薄弱で抽象的な他党批判をした上で、民主党礼賛の一方的な記事に終始している」として、「報道や評論」には該当せず、公選法に抵触するのではないかとしている」とある。現物は丁重に保管させていただいているが、こうしたトップ紙面をめくって行けば、卑猥、売春、風俗、ギャンブル、闇金記事のオンパレードである公職選挙法違反の他に、果たして、公共秩序に適(かな)う紙面なのか、どうか。客観的に問われるべき媒体である
 ↑ここまで

« 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 | Main | 狂ったか?菅 MoMotarou »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48820822

Listed below are links to weblogs that reference 民主党偏重応援の、異常なタブロイド紙2異常な夕刊タブロイド紙 日刊ゲンダイ:

« 懲りずに違法な選挙活動を続ける日教組と民主党 | Main | 狂ったか?菅 MoMotarou »