September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 民間大使の丹羽氏「中国の軍事増強当然」 脅威論背景に波紋も | Main | 千葉法相、きょう菅内閣初の民間大臣に 民意に背を向け続投中 »

July 26, 2010

「北に行って暮らせ」韓国高官が哨戒艦調査疑う若者に

 産経新聞のページに、「『北に行って暮らせ』韓国高官が哨戒艦調査疑う若者に」という記事がある。日本でも南北朝鮮や支那、在日を利する発言をする者がいる。日教組はもちろんだが、国公立大学の教授のくせに反日的な言動をする者もいる。国会議員でもいる。民主党など党を挙げて反日だ。韓国の「民主党」も問題ありのようだ。

 日本でも、このような奴らに「朝鮮や支那に行って暮らせ」と平気で言える国になればいいのだが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国の聯合ニュースは25日、韓国政府高官が24日の記者団との懇談で、海軍哨戒艦が北朝鮮製魚雷で沈没したとの調査結果を疑問視する声が韓国内にあることについて「(北朝鮮の肩を持つ)若者は北に行って暮らせばよい」との趣旨の発言をし、問題になっていると報じた。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議出席のため訪れたハノイで語ったという。

 同ニュースによると、高官は6月の統一地方選で保守与党ハンナラ党が大敗し、北朝鮮に融和的な最大野党の民主党が躍進した背景には親北朝鮮の若者の投票行動があるとの見方を示唆し「これでは国が立ちゆかない」と主張。こうした若者が北朝鮮の「独裁体制」を批判しないことに疑問を呈し、北朝鮮が好きなら金正日総書記の下に行くべきだと訴えた。(共同)
 ↑ここまで

« 民間大使の丹羽氏「中国の軍事増強当然」 脅威論背景に波紋も | Main | 千葉法相、きょう菅内閣初の民間大臣に 民意に背を向け続投中 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48983693

Listed below are links to weblogs that reference 「北に行って暮らせ」韓国高官が哨戒艦調査疑う若者に:

« 民間大使の丹羽氏「中国の軍事増強当然」 脅威論背景に波紋も | Main | 千葉法相、きょう菅内閣初の民間大臣に 民意に背を向け続投中 »