September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「日韓併合100年」回想で現実逃避 | Main | 山本アナの兄が「産後うつだった」と告白 フジテレビの取材に »

July 28, 2010

2人の死刑執行 千葉法相「見届けることが責務」と立ち会い

 産経新聞のページに、「2人の死刑執行 千葉法相『見届けることが責務』と立ち会い」という記事がある。千葉は死刑反対論者である。なぜ今になってという疑問が出てくる。

 多分、法相の座に居続ける事に対する批判をかわすためだろう。日本人の大多数が死刑を肯定しているのだ。また、刑事訴訟法では、死刑判決が出てから6カ月以内に死刑を執行するように決められている。法相自らが法を破っていることを、野党から攻撃されたくなかったのだろう。

 そしてもうひとつは、記事にある「死刑の在り方について検討する勉強会を立ち上げる」という発言だ。死刑を執行して注目を集めた上で、「死刑廃止」が結論になるような勉強会を開くのだろう。そのために死刑を執行された死刑囚は命をもてあそばれたようなものだ、どうせいずれは死刑になるとはいえ。

 それから、「東京拘置所の刑場を報道機関が取材する機会を設ける」というのは、凄惨な刑場を公開してマスコミに報道させることにより、死刑に対する嫌悪感を国民に植えつける積りではないのか。そうして死刑廃止論者を増やそうとしているのだろう。

 そもそも、落選したただの婆さんが法相のままでいて、なおかつ死刑を執行するのは僭越だ。手前の都合で死刑を執行しているのである。死刑を執行するのなら、落選前に法に則って執行しておくべきであった。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 千葉景子法相は28日、2死刑囚の死刑を執行したと明らかにした。死刑執行は、自民党・森英介前法相時代の21年7月以来1年ぶり。法相就任後では初めてで、民主党政権下でも初の死刑執行となる。千葉法相は死刑廃止論者として知られ、法相就任後もこれまで死刑執行に慎重姿勢を見せていた

 死刑が執行されたのは平成12年、宇都宮市の宝石店に放火、女性店員6人を殺害した強盗殺人事件で刑が確定した篠沢一男(59)=東京拘置所=と、15年、埼玉県熊谷市で男女4人を殺傷した尾形英紀(33)の両死刑囚。

 記者会見した千葉法相は「慎重に検討した上で執行した。見届けることが責務と思い、自ら死刑執行に立ち会った」と述べた。

 篠沢死刑囚は12年6月、宇都宮市江野町の「ジュエリーツツミ宇都宮店」で、女性店長=当時(49)=ら6人を粘着テープで縛り、ガソリンをまいて放火。店を全焼させて6人を殺害し、指輪などの宝飾品293点(1億4千万円相当)を奪った。

 尾形死刑囚は15年8月、交際していた少女から飲食店店員=当時(28)=に体を触られたなどと聞き、埼玉県熊谷市のアパートを訪れ、店員を包丁で刺殺。さらに、同アパートに住む店員の同僚=当時(21)=ら女性3人を車で拉致。口封じのために同県秩父市内などで同僚を殺害、残る2人にも重傷を負わせた。 

 千葉法相は、記者会見で自らが死刑執行に立ち会ったと明らかにしたうえで、「死刑の在り方について検討する勉強会を立ち上げる」と述べ、東京拘置所の刑場を報道機関が取材する機会を設けるよう指示したことを明らかにした。
 ↑ここまで

« 「日韓併合100年」回想で現実逃避 | Main | 山本アナの兄が「産後うつだった」と告白 フジテレビの取材に »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48998651

Listed below are links to weblogs that reference 2人の死刑執行 千葉法相「見届けることが責務」と立ち会い:

« 「日韓併合100年」回想で現実逃避 | Main | 山本アナの兄が「産後うつだった」と告白 フジテレビの取材に »