September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 高速無料化 問われる政策理念の迷走 | Main | 選管委員長は民主党員って何様?w【部落・労組系元議員・県連顧問伊藤忠治】 »

July 09, 2010

農業政策 ばらまきでは強くなれない

 読売新聞の7月9日の社説は、「農業政策 ばらまきでは強くなれない」だ。民主党のバラマキ政策を批判している。農家戸別補償は、単なるバラマキではない。収穫が無くても所得が補償されるのだから、農家のやる気や自立心を失わせ、弱体化させる。更にこのバラマキで自民党の票田を奪おうというのだ。正に選挙のことしか考えていない政策である。民主党をこのまま政権に就けたままではいけない。

 社説を引用する。

 ↓ここから
 国民生活に不可欠な食料を確保しながら、競争力を高めて成長産業として再生する――。

 農業政策が目指す方向は明らかで、経営感覚に優れた農家に手厚く支援することが何より重要である

 しかし、参院選では、農村票欲しさから、各政党が、相変わらずばらまき型の保護策を公約に掲げている

 人気取り政策ばかりでは、衰退に歯止めをかけることはできない。各党は、農業の将来を見据えた議論を戦わせるべきである。

 農業の現状は厳しい。20年間で農家の数は4割減り、耕作放棄地は埼玉県の広さに匹敵する。

 この状況に歯止めをかけることを狙いに、民主党は、コメ農家を対象に4月から戸別所得補償制度を導入した

 減反に協力することを前提に、水田10アール当たり1万5000円の定額補助を出す。米価が下がって生産費用を下回れば、その分も政府が補填する仕組みだ。対象農家の経営規模などは問われない。

 参院選では、この仕組みを他の品目や林業、漁業などにも拡充する公約を掲げた。

 だが、問題は財源だ。今年度は農業予算の4分の1に当たる5600億円が計上された。コメ以外に拡大されれば、予算額は1兆円以上に膨れあがるとみられる

 しかも、それほどの巨費を投じても、生産性向上は期待できそうにないのが難点と言える。

 コメの所得補償は、零細な兼業農家も補助金がもらえる。こうした農家が農地を手放さず、逆に貸した農地を取り戻す動きが各地で出ている。

 これでは、専業農家に土地を集めて規模を拡大し、収益を上げるという目標は実現できまい。

 自民党が打ち出した所得安定制度にしても、農家の効率化を促すというが、内容は不透明だ。

 各党の政策は、農業保護と貿易自由化をどう両立させるかという視点にも欠ける。

 日本は、農業を「聖域」扱いしているため、自由貿易協定などの交渉で立ち遅れている。

 農家への戸別所得補償は、農産物の市場開放と一体的に考えなければならない。高い関税を引き下げれば農産物の輸入が増え、国産品の値段は下がる。

 消費者は恩恵を受けるが、農家には打撃となる。そこを救うのが所得補償の本来の趣旨である。

 巨額の財政負担を考えれば、農業政策は、消費者も納得できるものでなければならない
 ↑ここまで

« 高速無料化 問われる政策理念の迷走 | Main | 選管委員長は民主党員って何様?w【部落・労組系元議員・県連顧問伊藤忠治】 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48836781

Listed below are links to weblogs that reference 農業政策 ばらまきでは強くなれない:

« 高速無料化 問われる政策理念の迷走 | Main | 選管委員長は民主党員って何様?w【部落・労組系元議員・県連顧問伊藤忠治】 »