September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「臨時国会―責任を分けあう第一歩に」 どうあっても「衆院解散・総選挙を」と書かない二枚舌の朝日新聞 | Main | 【社説検証】民主党敗北 総辞職か解散が筋と産経 朝・毎は早々と菅続投論 »

July 18, 2010

「『親日派』土地の没収終了 韓国政府、170億円相当」 韓国は野蛮国で近代国家ではない

 産経新聞のペ^ジに、「『親日派』土地の没収終了 韓国政府、170億円相当」という記事がある。100年前の先祖の行為を元にして、現在の子孫の財産を没収するとは常識では考えられない。法治国家の常識を外れた野蛮国である。民度が低すぎる。

 しかも、その理由が先祖が「親日派」だったということだけだ。親日派でなければ、親中派か親露派だが、日本が韓国を併合したから近代化できたというのが、歴史的事実だ。でねければ、今もなお北朝鮮と同レベルか独立さえできていない可能性が高い。親日派は汚名を雪ぐ必要がある。

 もちろん、日本は土地を没収などしていない。そもそも併合時の勧告には土地台帳さえ存在しなかったのだ。両班という特権階級が土地を私物化して私腹を肥やしていて、庶民を苦しめ、国家として機能していなかったのが100年前の韓国の姿だ。極貧国であったのだ。世界で、北京に次いで汚い都が京城(ソウル)であった。それを近代都市の姿にまで買えたのが日本の統治時代である。

 当時の親日派を「悪」と決め付けているのは世界中で韓国(と北朝鮮)だけである。そのような事を主張したり実行に移したりしているから、世界中の信用を失い、嫌われているのだ。それに気付いていないのが韓国である。

 こんな記事を無批判になぜ産経が載せるのかと思ったら、共同通信の配信記事であった。

参考;(すべて日本人が書いたものではない)
 金完燮「親日派のための弁明」(扶桑社文庫)
 金完燮「親日派のための弁明2 英雄の虚像、日帝の実像」(扶桑社文庫)
 呉善花「韓国併合への道」(文春新書)
 崔基鎬「日韓併合の真実―韓国史家の証言」 (ビジネス社)
 崔基鎬「歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った『日帝36年』の真実」(祥伝社黄金文庫)
 カーター・J・エッカート「日本帝国の申し子」(草思社)

 記事を引用する。

 ↓ここから
 日本の植民地支配などに協力したとされる「親日派」の子孫の財産を没収し、国有化するための韓国の政府機関「親日反民族行為者財産調査委員会」が、このほど4年間の活動を終了した。盧武鉉前政権時代に「歴史清算」の一環として設置されていた。

 委員会によると、民族を裏切る行為をした「親日派」と判断した168人について、不当な財産を得たとして、その子孫らから、相続した土地など約13平方キロを没収し、国有化した。土地の時価総額は計2373億ウォン(約170億円)に上る。

 168人の中には、1910年の日韓併合条約に大韓帝国側代表として調印した李完用や、植民地時代に爵位を受けた人などが含まれる。没収に応じない子孫らには返還請求訴訟を起こした。(共同)
 ↑ここまで


« 「臨時国会―責任を分けあう第一歩に」 どうあっても「衆院解散・総選挙を」と書かない二枚舌の朝日新聞 | Main | 【社説検証】民主党敗北 総辞職か解散が筋と産経 朝・毎は早々と菅続投論 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48909561

Listed below are links to weblogs that reference 「『親日派』土地の没収終了 韓国政府、170億円相当」 韓国は野蛮国で近代国家ではない:

« 「臨時国会―責任を分けあう第一歩に」 どうあっても「衆院解散・総選挙を」と書かない二枚舌の朝日新聞 | Main | 【社説検証】民主党敗北 総辞職か解散が筋と産経 朝・毎は早々と菅続投論 »