September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 官房長官、見え始めた「超リベラル」 戦後補償の狙いは慰安婦賠償か | Main | 7月9日の投票(アンケート) »

July 09, 2010

NHK支局長のビザ更新拒否 インド政府が報道批判

 産経新聞のページに、「NHK支局長のビザ更新拒否 インド政府が報道批判」という記事がある。「NHKの報道は建設的でなく客観性に欠けているため」というのがその理由だ。

 日本でも放送免許を剥奪するとか、放送法を改正して偏向報道に罰則を設けるとか、視聴した分だけ受信料を徴収するようにするとかしないと、NHKの報道姿勢はまず改善されない。NHKをここまで放置してきたのは、政府や国会の怠慢である。

 インド政府の判断は正しいと思う。余程偏向した報道をしたのだろう。できればNHKは日本からも出て行って欲しい。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 インド政府が、NHKニューデリー支局長(46)に対し、同国滞在のための査証更新を拒否していたことが8日、関係者の話で分かった。

 インド側は拒否の理由を明らかにしておらず、NHKは7日付で在日本インド大使館に対して、事情説明を求める文書を送付した。支局長は今月5日に帰国している。

 インド外務省高官は産経新聞に対して、「NHKの報道は建設的でなく客観性に欠けているため」とコメントした。インドでは、政府側が記者証発行の拒否をちらつかせて外国メディアに報道姿勢の修正を求めることはあるが、実際に査証更新を拒否するケースは珍しい。

 NHKでは昨年、インド総選挙の報道をめぐって、特派員の査証発給が遅らされたことがあった。また、今年3月、同国西部ムンバイの原子力研究施設を取材・撮影した際には、取材許可を出した原子力庁が、内務省から事実関係を問いただされる事態となった。

 NHK広報局は産経新聞の取材に対し「突然の措置で驚いている。インドに関する報道や取材との関連も含め、理由はまったく推測できない。インド大使館の説明を聞いたうえで、今後の対応を考えたい」とコメントしている。
 ↑ここまで

« 官房長官、見え始めた「超リベラル」 戦後補償の狙いは慰安婦賠償か | Main | 7月9日の投票(アンケート) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48830861

Listed below are links to weblogs that reference NHK支局長のビザ更新拒否 インド政府が報道批判:

« 官房長官、見え始めた「超リベラル」 戦後補償の狙いは慰安婦賠償か | Main | 7月9日の投票(アンケート) »