September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 官房長官発言 「解決済み」を蒸し返すな | Main | 投票に行ってきました »

July 11, 2010

「『安定』か『暴走阻止』か きょう投開票 菅政権へ審判下る」 民主党で「安定」したら日本は終わりだ!

 産経新聞のページに、「『安定』か『暴走阻止』か きょう投開票 菅政権へ審判下る」という記事がある。今日の投票結果で民主党を惨敗させ、衆院での暴走を食い止めねばならない。そうしないと闇法案・国家解体法案が次々と成立してしまう。

 我々の生活が壊され、周囲には支那人や朝鮮人が大手を振って歩き、犯罪が増加し、環境が破壊され、日本人の安全が失われる。日本人は来日して永住する支那人に飲み込まれ、参政権を与えられた支那人の思うがままにされてしまう。これは日本の滅亡である。

 売国政党・民主党を許してはいけない。

 わしはこれから投票に行くが、誰に投票するかはもう決めている。皇室を否定し共産主義革命をいまだに信じている日本共産党は論外。民主党には絶対に投票しない。ということは自民党の候補者に入れるしかない。

 比例区は自民かたちあがれ日本のどちらかだ。維新政党・新風が候補者擁立を見送ったからだ。どちらにするかは秘密。もちろん、民主党には入れない。政教分離に反する公明などは論外だし、日本国を否定する共産、社民は検討にすら値しない。

 また、滋賀県では知事選が同時に行われるが、現職の嘉田知事は社民党というとんでもない状態になっている。「もったいない」というだけで、開発中の新幹線栗東新駅を潰し、使用済の16億円を無駄にした知事だ。利権云々ではなく、地元栗東市などの民意を無視し、会合も意図的に開かず時間切れに追い込んだ独裁的なやり方は、やはり社民党ならではであると納得できる。それ以外は何ら「実績」はない。

 だから現職には絶対投票しない。とすれば自民から立候補している候補者に投票することになる。

 普通の有権者が選挙に行かないと、組織票の強い政党(信者がいるとか組合の支持が強いとか)が有利になってしまう。ぜひ、現政権の暴走を抑えるために、投票に行って欲しい。

 ということで、記事を引用する。

 ↓ここから
 菅直人首相(民主党代表)「今度の参院選の争点は、安定か混乱かだ」

 谷垣禎一・自民党総裁「民主党の暴走する政治、迷走する政治に歯止めをかけられるか、かけられないかだ

 民主党政権に対する初の「審判」が下されることになる今回の参院選の意味は、二大政党の党首が訴えたこの2つの言葉に、有権者がどう反応するかに尽きる。

 2人の言葉をもう少し詳しく見てみよう。

 首相は「野党の議席が増えたからといって政権交代になるわけではないが、衆参両院がねじれてしまう」と訴えた。首相の言う「安定」とは、衆参両院で与党が過半数を獲得することで、スムーズな法案成立や政策決定が図れることを意味する

 民主党は昨年の総選挙で圧勝したものの、参院では過半数を握っていなかったため、社民、国民新両党と連立を組んだ。しかし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題では社民党が連立を離脱、鳩山由紀夫前首相は退陣に追い込まれた。郵政改革法案では国民新党の亀井静香代表が郵政改革・金融相を辞任するなど、両党に振り回され続けた。

 過半数をとることは、首相が「なんと4年間に私で5人目(の首相)」と語る日本の政治状況を「安定」させる意味も含まれるだろう。民主党内の状況を考えれば、現執行部への批判を強める小沢一郎前幹事長に「しばらく静かにしてもらう」ことにもつながる。

 一方、谷垣氏が言う「民主党の暴走」とは何を意味するのか。

 谷垣氏は「普天間(飛行場の移設問題)だって散々暴走した揚げ句、沖縄と政府の信頼関係はズタズタに壊れた」と批判した。

 「民主党は党ぐるみで暴走をしている。日本という国の国柄を壊そうとしている。外国人地方参政権の問題もそうだ」と訴えたのは安倍晋三元首相だった。

 自民党は、この永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案に加え、選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案、人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)の3法案を「日本解体を目指す法案」(義家弘介参院議員)と位置づける

 政府・民主党の中枢メンバーは、これらの法案の成立への意欲を隠さない

 また、仙谷由人官房長官は7日の記者会見で、日韓基本条約などで解決済みの問題である日本の植民地支配をめぐる個人補償を、政府として検討する考えを示した。仙谷氏は補償の具体策を明らかにしていないが、識者は「元慰安婦への賠償法案がやりたいんじゃないか」(現代史家の秦郁彦氏)と指摘する。

 民主党はこれらの政策について、参院選マニフェスト(政権公約)には掲げていない。しかし、与党が過半数を制すれば、実現を阻むハードルは低くなる。今回の参院選で、与党が過半数を維持することを「政治の安定」ととらえるのか、民主党政権の「横暴を許す」とみるか。あとは有権者の判断だ。(船津寛)
 ↑ここまで

« 官房長官発言 「解決済み」を蒸し返すな | Main | 投票に行ってきました »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48849497

Listed below are links to weblogs that reference 「『安定』か『暴走阻止』か きょう投開票 菅政権へ審判下る」 民主党で「安定」したら日本は終わりだ!:

« 官房長官発言 「解決済み」を蒸し返すな | Main | 投票に行ってきました »