September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 輿石は公明党の選挙協力で当選した 許せんな公明党 | Main | 輿石東陣営が選挙違反 連座制で当選を無効にしろ »

July 15, 2010

創価学会が民主・輿石候補を裏で支援

 せと弘幸氏のBlog『日本よ何処へ』に、「創価学会が民主・輿石候補を裏で支援」という投稿がある。

 投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
創価公明党はやっぱりトンデモない

 山教組弱体化 業界、公明票が穴埋め

涙声の電話だった。

 「頼みます。ほとんど差がないんです……」

 参院選の投開票日前日の7月10日。県内のある公立中学教諭は、山梨県教職員組合(山教組)の支部役員を務める後輩教諭から、民主党参院議員会長の輿石東氏(74)へのさらなる選挙協力を依頼された。前日の9日には、教諭OBからも電話を受けていた。「組合員は1人1票上乗せを頼むわ」

 最終盤の相次ぐ依頼に、教諭は「相当焦っているな」と感じたが、ちょうど期末テストでてんてこ舞いの時期。OBには逆らえないため、「わかりました」と応対した。だが、後輩の役員には「難しそうだ」と答えた。

 別の20歳代の中学教諭は明らかに選挙への関心を失っていた。「先輩は選挙で慌てていたが、期末テストや成績表で忙しかった。選挙なんてめんどくさいし、やる意味がないですよ」

 3745票の僅差(きんさ)で3選を果たした輿石氏の支持組織の中核は、出身母体でもある山教組だ。

 山教組には「3日選挙」の伝説がある。「劣勢な選挙も短期間でひっくり返す」ほどの組織力を持つというわけだ。

 だが、北海道教職員組合の違法献金事件などで、「先生と選挙」への世間の視線は厳しくなり、今回の参院選は、現職教諭の動きは鈍った。代わって法的に選挙活動の制限がないOBを中心に活動したが、結果は自民党の新人、宮川典子氏(31)にぎりぎりまで追いつめられた。

 輿石氏陣営は今回、別の組織票を頼った。公明票だ。

 「バーターしませんか」

 輿石陣営幹部が複数の公明党議員らの自宅を訪ね歩いていた。同党が山梨選挙区の「自主投票」を表明した6月17日以降のことだ。

 輿石陣営が「比例は公明」を指示する代わりに、公明支持者に「選挙区は輿石」を依頼するという非公式の選挙協力の打診だった

 ある公明党市議は証言する。「バーターに応じた。自民党側からは何の働きかけもなかったから」

 読売新聞の参院選出口調査にも「バーター」の効果が見て取れる。公明支持層の約5割が宮川氏、2割以上は輿石氏に投票していた。今回、公明党の比例選の得票は4万7646票に上った

 自主投票を決めた業界団体はどうだったか。県建設業協会や県農協中央会の幹部は「自民党とのつきあいがあるから、宮川氏へ流れた票が多い」と見る。だが、輿石氏に流れた業界票が以前より増えたのは確実だ。

 山教組の弱体化を、公明党や業界票など、輿石氏と距離のあった組織票が穴埋めしたとも言えそうだ

 だが、山教組幹部は意気盛んだ。「宮川氏を支持した自民党県議は来春の県議選で落選させる。選挙の恨みは選挙で晴らす」

 山教組が再び「選挙集団」に戻るのかどうか。それを決めるのは現職教諭たちだ。

(2010年7月14日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20100714-OYT8T00832.htm


 この読売新聞社山梨支局の報道には多くの国民が驚愕すると同時に、改めて創価学会・公明党が日本の政治に存在する深刻な問題を示したと思います。

 今回の選挙で自民党の候補だけではなく、民主党の候補者に対しても、このような支援活動を行なっていたことが暴露されました。

 小沢一郎と輿石東は創価学会の幹部と今年3月に密かに会談しています。

 せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:小沢一郎と創価学会が結託(3)

 この橋渡しをしたのは小沢一郎です。輿石東が落選すると困る小沢が創価学会の幹部に頼み込んで、山梨の創価学会は輿石候補に票を入れたと考えて間違いありません。

 参院選挙後のテレビ報道で山口公明党代表は、「民主党にレッドカードを突きつけた。」などと格好の良いことを仰っていたが、実態はこの有様です

 みんなの党の渡辺代表が参院で議長を選出する当たって、野党が協力して対抗馬を立てるべきであるとしたのに、公明党がいち早く反対しました。

 これは民主党が議長候補として輿石東氏を擁立しようとしていたからであることが、この読売新聞の報道で明らかになってしまいました

 創価学会の信者には輿石候補への投票を命じていながら、議長選挙で公明党が輿石候補を支援しないのでは、いくらなんでも洗脳されて盲目的に従う創価学会の信者であっても、不信感を買うことは間違いないからです

 本当に凄まじい政党です。何でもありなのが、この創価公明党です

 小沢一郎は創価学会と結託しており、現在水面下で今後の政局を話しあっていることでしょう。参院で公明党と組んでも過半数を得られない民主党は、衆院で公明党と連携すれば3分の2を確保するといいます

 小沢の戦略は参院選での国民の民意を全く無視する考えです。菅ー仙谷ー枝野の左翼コンビも落選した千葉景子を大臣として続投させるなど、民主党は今回の選挙で示された国民の民意を全く考慮していない

 民主党や公明党が日本の民主主義にとって、いかに有害で除去しなければならない存在であるかがハッキリしました。石井一先生は口では創価学会を批判していますが、どうしました行動で示すどころか、もう口にも出来ない状況になってしまいましたね。

 輿石陣営は選挙違反もやっていますね

 http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/07/14/1.html
 ↑ここまで

« 輿石は公明党の選挙協力で当選した 許せんな公明党 | Main | 輿石東陣営が選挙違反 連座制で当選を無効にしろ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48886195

Listed below are links to weblogs that reference 創価学会が民主・輿石候補を裏で支援:

« 輿石は公明党の選挙協力で当選した 許せんな公明党 | Main | 輿石東陣営が選挙違反 連座制で当選を無効にしろ »