September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 狂ったか?菅 MoMotarou | Main | また、民主党が選挙違反をしていた! »

July 07, 2010

「ザ・コーヴ」は捏造ドキュメンタリー

 せと弘幸氏のBlog『日本よ何処へ』に、「『ザ・コーヴ』は捏造ドキュメンタリー」という投稿がある。盗撮して作った反日映画であることは知っていたが、実は「この反日映画『ザ・コーヴ』は環境保護団体を装ったテロリスト集団のシーシェパードがプロデュースしたプロパガンダ映画」であるという。

 多くのマスコミはいつもながら、表現の自由とか、まずは見てから判断をなどと言っている。しかし、テロ組織の作った映画なら話は別ではないか。

 もっと言うと、「プライド」という東條英機元首相を主人公にした映画が上映されたとき、マスコミは上映反対の意見だらけであったと記憶している。ご都合主義としかいえない。

 投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
 「ザ・コーヴ」問題はNHKも報道するように今や全国的な問題となったが、この問題の本質は残念ながら隠蔽されたというか、違った方向へと誘導されているように感じます。

 マスコミが伝えない事実こそが本質です。この反日映画「ザ・コーヴ」は環境保護団体を装ったテロリスト集団のシーシェパードがプロデュースしたプロパガンダ映画ですが、その事実を先ず明かそうとしていません。
 
 悪名高い人種差別のテロリスト集団が、実は企画・製作を担当しこの映画を完成させているのに、配給会社や映画評論家、マスコミ関係者は口を噤んでいます。

 この映画の上映に関して表現の自由を声高に叫ぶ連中が、何故この部分について語ろうとしないのか?それは極めて簡単です。日本人を標的にして数々の許し難いテロ行為を仕掛けてきたシーシェパードのプロパガンダ映画であることがバレテしまえば、表現の自由などは吹き飛んでしまうからです。

 つまりテロリストが作った映画に表現の自由が認められないということは、これは常識でありそれ故にその点だけは隠し通さねばならないからです。

 和歌山県知事や太地町町長はこの映画に対して、事実誤認と偏見の二つの理由を挙げて反発しています。事実誤認も重大ですが、この偏見という言葉の意味を軽視してはいけない。

 つまり、この映画は日本の伝統的なイルカ漁に対して、日本人を野蛮な民族というような視点で捉え、それを世界中に発信するために作られた人種的な偏見に基づく映画なのです

 よって、このような欧米白人社会からの人種的偏見に屈することは出来ません。これを安易に認めてしまうと日本人としての存在感を自ら否定することにも繋がりかねないのです。

 これまでも日本人叩きの映画は何度も作られて来ました。

 主に戦争映画や歴史を背景にした映画ですが、そこで描かれる日本人はいつも「汚い卑劣なジャップ」とされて来ました。このような映画によって日本人像が創られて行ったのです。

 さて、今回悪質なのはこの映画がドキュメンタリー映画として制作されていることです。ドキュメンタリーとは虚構を加えずに事実に基づいて制作されたものを言いますが、これは全くの捏造映画な訳です

 先ず問題にされなければならないのは、このイルカ漁の漁師に対して、取材陣の仲間と思われる連中が挑発行為を繰り返しています。挑発しそれに対して反応すれば、そこを撮影しようと最初から計画しています

 これがどうしてドキュメンタリーと言えるのでしょう。挑発と嫌がらせ、それに漁民達が反発したら、そこを大々的に映し出す。そのような汚い手法によって取られた映像なのです。

 次にイルカなどには水銀が多く含まれ、それを食べる漁民の人たちが将来健康障害が現れるだろうなどというように決めつけているが、太地町の人達は、これまでイルカを食してきたが、そのような健康障害に見舞われたことは一度もない

 だいたい、太地町の人たちの平均寿命が日本人全体から見て低いなどの数値もない。つまりイルカを食べ続けると病気になるような事実は一切ないのに、あたかもその恐れがあるように作られた捏造映画と言うわけです。

 そもそもろくなデーターももたないで撮影し、婦女子が水銀を食べさせられているなどというショッキングな言い回しをしているから悪質そのものなのです

 今回の反日映画上映阻止闘争を果敢に繰り広げている『主権回復を目指す会』(西村修平代表)が暴いたのは、これはアメリカ及び白人社会の<偽りの正義>です

 「卑劣で残虐な日本民族」といった誤った図式を世界中に広めようとして製作されたのがこの「ザ・コーヴ」であり、その制作者の意図がミエミエだからこそ阻止運動に決起しているのです。

 この反日映画が日本に上陸、公開に際して沈黙することなく応戦して、日本民族としての戦う精神力を存分に示した。この今回の行動が未来の日本を憂いる若者に希望を与えたことは確実です。

 漁民の生活を脅かす捏造映画を絶対に許してはならない
 ↑ここまで

« 狂ったか?菅 MoMotarou | Main | また、民主党が選挙違反をしていた! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48820977

Listed below are links to weblogs that reference 「ザ・コーヴ」は捏造ドキュメンタリー:

« 狂ったか?菅 MoMotarou | Main | また、民主党が選挙違反をしていた! »