September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視 | Main | 創価公明党の得票はどうなるのか? »

July 08, 2010

国民を欺く民主党「3杯の毒」

 Blog「博士の独り言」さんに、「国民を欺く民主党『3杯の毒』」という投稿がある。「3杯の毒」とは、「永住外国人への地方参政権付与法案」、「選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案」、「人権侵害救済機関設置法案」のことである。

 雑誌「週刊新潮7月15日号」(今週号)に記事が載っているので、わしも読んだ。知らない人にぜひ読んでもらいたい。そしてこれらの法律の危険性と民主党の正体に気付いて欲しい。

 これらの法律が成立してしまったら、日本社会は破壊され、滅亡への道を辿る。取り返しがつかないことになる。

 しかし、民主党はこれらをマニフェストには一切記載せず、成立のための準備を着々と進めているのだ。日本人を騙す反日左翼売国政党。これが民主党である。

 わしが説明するよりわかりやすいので、投稿を引用させていただく。

 ↓ここから
国民を欺く、特殊な詐欺集団「民主党」

「民主」過半数なら覚悟せよ「3杯の毒」
 「人権侵害救済法」「夫婦別姓法」「外国人参政権」天下の悪法が国会通過を待っている。週刊新潮7月15日号(7月8日発売)の誌面より参照のため抜粋引用/写真は週刊新潮の同紙面より参照のため引用
----------

「マニフェスト」に載せない民主党

 国思うみなさまにはお気づきの通り、民主党は、同党が成立に向けて最も熱心な「闇法案」をマニフェストに載せていない。選挙での争点化を避ける明らかな偽装であり、有権者はすっかり騙(だま)されているに等しい。

 表題にクリップする誌面は、「目下、参院選の真っ最中だが、民主党が過半数を握った暁には天下の悪法3法案が国会通過を待っている」(週刊新潮)と指摘。そのマニフェストに記載しない実態を通じ、「しかも、菅総理、参院選マニフェストにその3法案を謳わず、国民の目を欺いていた。背信行為に違いないが、3胚の毒を食らう覚悟をせねばならないのか」(同)との警告を発している。

 そして、「その悪法3法案とは、“永住外国人への地方参政権付与法案”、“選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案”、“人権侵害救済機関設置法案”である」と指摘し、「今回の参院選、民主党が過半数を獲得したなら、“強権”菅内閣が国民に“3杯の毒”を食らわすのは、間違いない」と結んでいる。多くのネットの有志、有志ブログが英邁に、且つ果敢に指摘して来られた通りの危惧を、この段に来て、新潮誌があらためて総まとめした記事である。

 一般の誌面読者方々への有効な周知となると同時に、同記事に1人でもより多くの有権者に触れていただき、一票の参考としていただけることを願わずにおれない。
----------

民主党は日本を破壊する

 誌面はこう書き始めている。「市民運動で鍛えた、舌鋒鋭い弁舌はいまや見る影もない。自ら消費税増税を掲げたものの、支持率が急落すると、菅直人総理は右往左往し、その発言が迷走したのはご存知の通り」と。続けて「挙げ句の、裏付けさえ検討せず、税金還付制度を打ち出したとあっては、まさに有権者を欺こうとしているとしか思えまい」と記し、そもそも、菅民主党への疑問の端緒とすべき不審な言動を挙げている。菅首相は就任1カ月だが、しかし、就任直後の、通常国会の強行閉幕により、それこそ、真の意味で“支持率が問われるべき”「一国総理大臣」としての実務はほとんどこなしていない。

 国民に見えるのは「選挙戦」での菅首相の姿だが、そこでも、「各党党首とのテレビ討論から逃げまわるなど、説明責任を放棄したその姿勢に、“オープンな政治”を標榜していた“市民派”政治家のイメージは脆くも崩れ去った」(同)と指摘している。多くの国思うみなさまがご覧になって来た通りである。いわば、国会での実務を避け、“高支持率”大報道を受けて得意の選挙戦に突入したはずの菅首相が、その“得意分野”でも自爆している。集票PRの中でも、巷の“反応”を見ながら施政方針をコロコロと変えている。ごく冷静に観ても、この人が総理大臣で大丈夫なのだろうか。弁舌爽やかのようであって、しかし、鳩山さんより支離滅裂ではないか(要旨)、との不審感が有権者に広がっている。

 しかし、その不審感のみで終わり、「今回も民主党」と票を投じ、民主党を勝たせる結果を招けば、それこそ、今度は、多くの有権者が、同党のマニフェスト偽装とメディア不報道のゆえに、よくご存知ではない「3杯の毒」を呑まされることになる。その事態を覚悟しなければならなくなる。今は「法案」であるがゆえに良識が声高に反対できる。しかし、立法府でのことゆえに、民主党が「3法案」を法律化してしまえば、一国の法律として、これらを国民が受容せざるを得ない状況となる。法律化させてしまった後に反対行動をとっても違法となり、処罰される。まさに、民主党による日本破壊ではないか。かくなる事態をこの先で許して良いのか。
----------

「人権委員会の権力」

 おぞましき「3法案」について、誌面では詳しく記している。すべて参照させていただきたいところだが、膨大になるため、小稿では、「人権侵害救済法案」の項を参照させていただきたい。「この法案では、人権侵害から救済するための“人権委員会”なる組織が設置されるのだが」、として、「人権委員会に与えられる権限があまりにも強大で、裁判所の令状も必要なく、加害者の出頭や立ち入り検査などを要求できる(政治部デスク)」、とこのように解説を記している。「法律の専門家でもない人権委員が一夜にして、警察や検察を上回る権力を握ることになります。しかも、人権侵害の定義が曖昧なので、特定団体に利用される怖れがあるんですよ(同)」と。分かりやすく解説している。

 以前の「人権擁護法案」は、中川昭一氏らによって阻止されたが、その後に、頭をもたげているこの民主党案は、前案とは比較にならないほど国民に対して苛烈である。件の人権委員会について、「民主党案では、内閣府の外局に置かれ、さらに各都道府県知事のもとに地方人権委員会まで設置される。そうなれば、まさに日本全体が監視社会です。自由で民主的な社会を否定するのが、この法案です。表現の自由や令状主義を定めた憲法に違反するし、極めて危険ですね(同)」とある。誌面には指摘されていないが、忌むべきは、「人権侵害」の定義の曖昧さと共に、人権委員の資格に「国籍条項」が定められていない点にある。たとえば、在日韓国・朝鮮人、在日中国人、あるいはカルト教団の信者が、民主党内閣の外局の「人権委員会」の委員になった場合を想定すれば、事の推測は実に容易である。現実に、委員の数の中で相応の割合を占めるだろう。

 「人権侵害」の定義が曖昧に過ぎるゆえ、かくなる人物らが、いかようにも因縁をつけて「人権侵害」を訴えることが可能になる。警察官でもない人物が、集団が、捜査令状も無しに、“ゲシュタボ”のようにみなさまの住居に押し寄せて家宅捜索し、ご主人を、ご家族を連行する。謂れなき汚辱、「人権侵害」があるとすれば、まさに、このことではないのか。もしも、拙き身にもこれがおよぶ場合は、謂れなき辱(はずかし)めは受けず、との覚悟を決めている。かくなる法案を、千葉景子法相は、「6月29日の記者会見で、“マニフェストに載っていない、あるいはテーマになっていないことが特段問題になることはない”」と平然と言い放っていることは先稿で紹介した通りである。
 ↑ここまで

« 官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視 | Main | 創価公明党の得票はどうなるのか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48829456

Listed below are links to weblogs that reference 国民を欺く民主党「3杯の毒」:

« 官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視 | Main | 創価公明党の得票はどうなるのか? »