September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 論調観測 菅新首相 分かれる「市民派」の評価 | Main | 菅政権誕生、「脱小沢」に潜む小沢戦略 »

June 06, 2010

菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石

 やまと新聞のページに、「菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石」という記事がある。まず無理だと思うが、自民党はそこを突いて民主党を攻撃して欲しい。

 ただマスコミがちゃんと報道するからだが...。どうせ参院選まで、露骨な民主党贔屓の報道をするのではないか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の小沢一郎前幹事長(68)の影響力排除をブチあげた菅直人新首相(63)。その手腕に期待が高まるが、焦点は、野党が突きつける小沢氏や鳩山由紀夫首相(63)らの証人喚問要求への対応だ。民主失速の要因となった小沢氏らの「政治とカネ」との決別を宣言しただけに、証人喚問はクリーンな政党への脱皮できるかの試金石。実現できなければ“菅板倒れ”との批判を浴びるのは必至だ

 「鳩山首相自身が政治とカネの問題、普天間問題で国民の理解がえられないと自覚され、勇断をもって行動された。特に政治とカネの問題は、襟を正した姿勢を示していかなければならない」

 菅氏は4日、新首相選出後の記者会見で、こう断言し、「政治とカネ」との決別を強調した。鳩山首相が退陣表明で訴えた「クリーンな政党にしよう」という“遺言”を引き合いに、「政治とカネ」の問題で国民から説明不足との批判が噴出する小沢氏や鳩山氏へのメッセージとも受け取れる。

 一方、野党は民主党に対し、小沢氏や鳩山氏の証人喚問を要求し、対決姿勢を強めている。

 自民党の谷垣禎一総裁が「鳩山、小沢両氏が引いたから、政治とカネの問題が一件落着したわけではない」といえば、共産党の志位和夫委員長も「クリーンな政党と胸を張って言うなら、小沢氏を証人喚問に出すと決断すべきだ」と訴えた。

 小沢氏は自らの「政治とカネ」の問題をめぐり、東京地検特捜部の再捜査で不起訴処分となったことを「錦の御旗」に、衆院政治倫理審査会(政倫審)の出席要求に対しても、あいまいな態度に終始。それだけに、「小沢氏は偽証罪などで問われる証人喚問なんて当然、毛頭にないだろう。そもそも『オレは潔白なんだからだ』と思っている」(民主党中堅)という

 そんな小沢氏を菅氏が人選した党執行部が、証人喚問に引きずり出すことができるのか。

 小沢氏に証人喚問を求めて「脱小沢」路線に拍車をかければ、「小沢側は猛反発。菅、小沢両氏の関係は修復できないほどの亀裂を生んでしまう可能性がある」(永田町事情通)との指摘がある。

 しかし、菅氏が「政治とカネ」との決別宣言をしただけに、「そこまで言うなら、逃げ回る小沢氏らを引っ張り出してこなければ、鳩山首相のように『ウソつき』呼ばわりされる」(野党関係者)との声が強い

 過去の発言との整合性が問われ、自縄自縛に陥る-。菅氏にとって、まさに民主党のお家芸「ブーメラン現象」の再来だけは避けたいところだが…
 ↑ここまで

« 論調観測 菅新首相 分かれる「市民派」の評価 | Main | 菅政権誕生、「脱小沢」に潜む小沢戦略 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48558255

Listed below are links to weblogs that reference 菅、小鳩の証人喚問できるか “クリーン民主”へ試金石:

« 論調観測 菅新首相 分かれる「市民派」の評価 | Main | 菅政権誕生、「脱小沢」に潜む小沢戦略 »