September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 菅直人氏は日本人拉致犯の釈放を求めた!!! | Main | 北教組事件判決 組合との癒着は変わらぬ »

June 15, 2010

蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取

 産経新聞のページに、「蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取」という記事がある。公設秘書の給料は税金で賄われているのだが、ろくでもない奴を雇っているものだ。秘書の責任は議員の責任だなー。

 刑事事件になっていないからといって、責任を逃れられるものではないぞ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 行政刷新担当相を務める民主党の蓮舫参院議員(42)の30代の男性公設秘書が、東京都豊島区の路上で女性の体を触るなどした疑いがあるとして、警視庁池袋署が男性秘書から任意で事情聴取していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、痴漢行為は女性が被害届を出さなかったため事件化されていないが、男性秘書は任意聴取の段階で痴漢を認めたという。

 捜査関係者によると、自転車に乗っていた男性秘書は2日午前2時5分ごろ、豊島区池袋の川越街道沿いの歩道で、歩いて帰宅中だった女性(18)=板橋区=に対し、追い抜きざまにスカートをめくり、尻を触って逃げたとされる。

 直後にパトカーで現場を通りかかった警視庁第2自動車警ら隊の隊員が、様子がおかしい女性に声をかけたところ、女性から「あの人痴漢です」との訴えを受け、先方を走っていた男性秘書を呼び止めて署に同行を求めた。

 男性秘書は当初、「知らない」と痴漢行為を否定したが、その後「スカートの中を見たくてやった」と認めた。女性は「早く帰りたい」として被害届を出さずに帰宅したため、男性秘書に対しては事情聴取のみで終了した。男性秘書は少し酔った様子だったという。

 同事務所の代理人弁護士は産経新聞の取材に対し、男性秘書が女性とトラブルになったことや、任意で事情聴取を受けたことは認めた上で、「刑事事件として事情聴取をされたものではない。男性秘書を容疑者とする刑事事件は存在せず、内容の詳細は控える」とコメントしている。
 ↑ここまで

« 菅直人氏は日本人拉致犯の釈放を求めた!!! | Main | 北教組事件判決 組合との癒着は変わらぬ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48639582

Listed below are links to weblogs that reference 蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取:

« 菅直人氏は日本人拉致犯の釈放を求めた!!! | Main | 北教組事件判決 組合との癒着は変わらぬ »