September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「小鳩去って古ダヌキ2匹」丸川議員また過激?発言 | Main | 菅新首相についての各紙社説 »

June 05, 2010

「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」 こらあかんわ

 読売新聞のページに、「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」という記事がある。民主党政権なら、誰が首相になってもくみしやすいだろう。何といっても小沢が民主党議員を大量に引き連れて(1度は国会を休んでまで)支那を訪問しているのだ。まるで朝貢外交だ。

 それに、今年4月、日中財務対話で温首相と会談したとき、日本人の死刑執行などを議論したが、「友好的なムードで話し合いができた」そうだ。人治国家で独裁国の裁判など信用できないのは常識ではないのか。イギリスのように、支那を非難すべきではなかったのか。こんな姿勢で日本人を守れるのか、首相として。

 非常に不安だ。やっぱり衆院解散・総選挙して国民に信を問うべきだ。そのために頑張れ野党第一党の自民党。

 支那の軍事的挑発が増えたのは、民主党政権になってからだ。これからも同じか、もっとひどくなるだろう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国の胡錦濤政権は、菅新首相が鳩山政権と同様に中国を重視するとみており、首相交代が日中関係に影響を及ぼすことはないと受け止めている。

 新華社通信によると、温家宝首相は4日、菅氏の首相選出に祝電を送り、「長期の安定した友好関係を発展させることが両国民の利益に合致する」と伝え、新政権との関係強化に期待感を示した。

 菅新首相は小泉政権時代の2003年、日本の要人として初めて胡国家主席と会見し、当時こじれていた日中関係の修復を試みた経緯がある。今年4月、日中財務対話で北京を訪れた際も温首相と会談し、日本人の死刑執行などを議論したが、「友好的なムードで話し合いができた」(日中関係筋)として、胡政権は「くみしやすい相手」との印象を持っている。

 中国メディアも、菅新首相が3日の記者会見で「中国との関係も重視することが日本の将来にとって正しい方向だ」と述べたことを報じ、日中関係に影響はないと分析している。

 ただ、胡政権は小沢幹事長が民主党の対中政策を左右する最高実力者とみており、小沢氏の影響力がどれだけ維持されるかを最も注視しているとみられる。
 ↑ここまで

« 「小鳩去って古ダヌキ2匹」丸川議員また過激?発言 | Main | 菅新首相についての各紙社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/48544626

Listed below are links to weblogs that reference 「菅新首相は『くみしやすい相手』…中国・胡政権」 こらあかんわ:

« 「小鳩去って古ダヌキ2匹」丸川議員また過激?発言 | Main | 菅新首相についての各紙社説 »